レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全80件)
kumahachiさんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2014/08/05

投稿日:2014/08/05

100かいだてシリーズ、「うみの100かいだてのいえ」を本屋で発見! 先月発売されたようで、息子と立ち読みしました(^^) 今回海の家を訪問するのは、船から落ちた人形のテンちゃん。 海の中のきらきらとした可愛らしい挿絵は、やはり細部までじっくり見て楽しめますね♪ 地上、地下、海中…と...

評価: 4.0

読了日:2014/06/12

投稿日:2014/06/12

宮沢賢治の作品はあまり読んでいませんが、この作品は悲しく苦しい内容でした。 その容姿がために、他の鳥達から疎まれさげすまされ、挙句生命の存在価値まで奪われるように…。 またそんな自分も生きる為の餌として、他の虫達の命を奪っていることに気付き…。 大人社会にも子供社会にも同じ様な思い...

評価: 4.0

読了日:2014/06/12

投稿日:2014/06/12

馬場のぼるさん、面白いです! 子供達、ウケてました。 この作品の主役は、花咲か爺さんの隣の家の夫婦。 笑えます!一つだけネタバレですが、お話の始まりは、桃太郎です(笑) 読んでみて下さい(^o^)

評価: 4.0

読了日:2014/02/09

投稿日:2014/02/09

この世を去り天国へ行ったおじいさん。間違えて猫の天国へは行ってしまいましたが…。 人は(生き物は)死んでからも働かなければいけません、と猫は言う。 死後の世界でも周囲の人の為、新しい生命の為、おじいさんは笑顔で尚も頑張って働いて生きています。 素朴で素敵なお話です。

評価: 5.0

読了日:2014/02/01

投稿日:2014/02/01

「パパはウルトラセブン・みんなのおうち」に続き、読んでみました。 このウルトラマンシリーズは本当に良い本だと思います‼ お父さんが如何に家族を大切に思って、家族の為に仕事を頑張っているのか。 どれだけ我が子を愛しているか。 この本は、出来ればお母さんが子供に読んであげるべきだと思いま...

評価: 4.0

読了日:2014/01/28

投稿日:2014/01/28

小学校の帰り道、そら君は白線の上しか通らないで家まで帰る、とルールを決めます。 この白い線から落ちたら大変な事になるんだと想像しながら、ゆっくりゆっくり、そろーりそろーりと…。 子供の頃、こういうのやりましたよね。自分ルールの冒険的な。 我が家の息子たちもよく、「影になっている所は踏ん...

評価: 4.0

読了日:2014/01/10

投稿日:2014/01/10

幽霊となって現れた亡き父と子の絆……楽しく心温まるステキな絵本でした(^^) 「きつねのレストラン」はやる気を無くしたコックの、汚い寂れたレストラン。 それを見るに見兼ねた父である先代の幽霊が現れて、コックの心得やレストランの在り方を手解きします。 息子を心配する父と、再び父親の教えを...

評価: 3.0

読了日:2013/12/16

投稿日:2013/12/16

息子が幼稚園から借りてきた本です。 「何を借りてきたの?」と聞いたら「わにの吐いた!」と笑顔で教えてくれて…。 何~⁈ そんな本⁇ …と思ったら、発音違いで「わにの歯痛た」でした(爆笑) 平仮名って、日本語って、やっぱり難しいなと思いました(笑) お話は…歯が腫れてしまった動物園...

評価: 4.0

読了日:2013/11/13

投稿日:2013/11/13

マンホールから、キリンやマンモス、河童も出てくる…。 マンホールの中にはどんな世界が広がっているのだろう?一体何処まで続いているのだろう? 子供の好奇心をかき立て、想像力を広げる、挿し絵も内容もユニークな面白い本でした(^^) ピーマンというキーワードがあるのですが、この児童書を気...

評価: 3.0

読了日:2013/10/29

投稿日:2013/10/29

おとうさん おかあさん おじいさん おばあさん そして きょうだい 10ぴき。 ぼくらは みんなで 14ひき かぞく。 …で始まる、14匹のねずみのお話のシリーズです。 内容は…森に住むねずみ家族の朝の目覚めから、朝食までのほんわか温かいひと時です(^^) 家族...

  • 1~10件 (全80件)

kumahachiさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:kumahachi
本棚登録件数: 174 冊
レビュー件数: 80 件

自己紹介:
子供と読む絵本が多いです…

kumahachiさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
読んでいる本  
本の所有:
持っていない   持っている