レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全89件)
くにやんさんの読書レビュー一覧

評価: 3.0

読了日:2018/09/15

投稿日:2018/09/15

ルーブル美術館を扱った浦沢直樹の作品。 浦沢直樹の作品は、若いころ結構好きで読んでいたし、以前訪れたルーブル美術館にもかなり思い入れがあったので購入した。 しかし正直あまり面白いとは思えなかった。 浦沢直樹の絵は好きなのだが、ルーブル美術館という題材をちゃんと消化しきれていない様で、モチーフの...

評価: 4.0

読了日:2018/09/09

投稿日:2018/09/09

アート系小説の名手である原田マハ。 私の好きな作家のひとりなんですが、どんな人なのかちょっとわからなかった。 美術館のキュレーターをやっていたという事で、かなり固い感じの人なのかなと思っていた。 今回読んだこの「フーテンのマハ」という彼女の取材旅行エッセイ集でかなりイメージが変わった。 本当...

評価: 5.0

読了日:2018/08/26

投稿日:2018/08/26

ベストセラー小説「西の魔女が死んだ」で有名な梨木香歩の作品。 梨木香歩の作品は、「西の魔女が死んだ」くらいしか読んだことがなかったので、作風の違いにすごく驚いた。 同時に作者の作家のとしての力量が卓越していることを思い知らされた。 久しぶりに自分の好みに合った美しく心に残る小説に出合っ...

評価: 4.0

読了日:2018/06/30

投稿日:2018/06/30

昆虫採集の為立ち寄った村で捕えられ、砂の穴の底にある一軒家で女と共に日々砂掻きをするだけの生活を強いられる中年の主人公。 その生活をから逃れるべく日々闘争のチャンスをうかがう主人公だが・・・ 戦後の社会に生きる人々に向けた寓話なのだと思う。 ただ解釈は読む人により異なるだろう。 ...

評価: 4.0

読了日:2018/05/19

投稿日:2018/05/19

日米二人の女性クリエーターによるファンタジーグラフィックノベル。 マージョリー・リュウという米国人女性小説家とサナ・タケダという日本人イラストレーターのコラボレーションによる作品。 ヒューゴー賞「ベスト・グラフィック・ストーリー」部門及び英国幻想文学大賞「コミック・グラフィックノベル」部門を...

評価: 4.0

読了日:2018/05/12

投稿日:2018/05/12

ウィッチャーのコミック第二弾。 強力な古代種族である狐女ヴァルペスの娘をさらってしまった商船に運悪く乗り合わせてしまったウィッチャーのゲラルト。 奪われた娘を取り返すため執拗に商船を追うヴァルペスの操る幻覚により商乗の員船は一人また一人と命を失ってゆく。 一体何が現実で何が幻覚か判らない中...

評価: 5.0

読了日:2018/05/04

投稿日:2018/05/04

日本海海戦を描いた吉村昭の記録文学の傑作。 日本海海戦と言えば司馬遼太郎の傑作小説「坂の上の雲」のクライマックスシーンとして有名である。 私も手に汗握りながらあのシーンを読んだものである。 それ以来日本海海戦には関心を抱いていたが、他にも同じテーマを扱った作品で良いものがあると聞いて本書に...

評価: 5.0

読了日:2018/05/04

投稿日:2018/05/04

江戸時代末期から明治にかけて福井で天然痘と戦った町医の話。 現代の人間である私には想像できな事だが、天然痘の惨禍は凄まじいものであったらしい。 感染した人間の1/3は死に、生き残った者にも生涯消えない痘痕を残す恐ろしい病で、種痘が広まるまでは対処方法がなかったという。 西洋では広まりつ...

評価: 4.0

読了日:2018/04/29

投稿日:2018/04/29

梶尾新治原作のSF小説をイラストレータの鶴田謙二がコミック化したもの。 地球に生命が誕生してから現在に至るまでの進化の記憶をすべて記憶している謎の少女エマノン。 彼女の旅と出会いを描いた作品。 エマノンというミステリアスで魅力的なキャラクターを鶴田謙二さんが素晴らしい感性によりイラスト化し...

評価: 4.0

読了日:2018/04/29

投稿日:2018/04/29

フランス発のヒロイックファンタジー。 日本人の慣れ親しんだタイプとは異なった世界観を持つファンタジー。 人により好き嫌いがあるかもしれないが、私はすごく気に入っている。 キャラクターが独特で癖があるがまたそれが作品にユニークさを与えている。 イラストも高い水準にあり、この独特なファンタジ...

  • 1~10件 (全89件)

くにやんさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:くにやん
本棚登録件数: 89 冊
レビュー件数: 89 件

自己紹介:
基本的にどんなジャンルの本でも読みます。
ただ人生で初めて読んだ文庫本が早川のペリーローダンシリーズだったせいもありSFには多少こだわりがあります。
これからも読書ログを通じて様々な本と出合いたいですね。

くにやんさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っている   持っていない