レビューの並び替え:
  • 1~6件 (全6件)
mercyさんの読書レビュー一覧

評価: 5.0

読了日:2012/04/30

投稿日:2012/04/30

ーー自分が百合から顔を離す拍子に思わず、遠い空を見たら、暁の星がたった一つ瞬いていた。「百年はもう来ていたんだな」とこの時始めて気がついた。 夏目漱石の不思議なオムニバス集。ストーリーがあるわけじゃないんだけど、読んでいると薄皮一枚の裏の世界にふわっと入り込むような気持ちにさせてくれます。夜寝...

評価: 4.0

読了日:2012/04/30

投稿日:2012/04/30

映画監督ウッディ・アレンの小説。オムニバス集です。 どの作品でも、(あえて)頭デッカチなインテリオタク感をプンプンさせてて、思わずニンマリさせられます。頭は良いんだけど、自意識過剰で、どこか情けない登場人物たちが、映画に出てくるウッディ本人を彷彿とさせてくれます。またニンマリ。 ウッディ「ラ...

評価: 5.0

読了日:2012/04/30

投稿日:2012/04/30

鸚鵡は身じろぎし、首を私に寄せたかと思うと、突然夢から覚めたように、 ーー友よ。 と甲高く叫んだ。 、、、(泣)物語として非常に好きです。海外留学した人間にとっては、琴線に触れるところ多々あり。人間が非常に魅力的に書かれてますね。

評価: 5.0

投稿日:2012/04/30

未開のヨーロッパと言われたロシアを一代で欧州一等国まで引き上げたピョートル1世の物語。とにかく行動がめちゃくちゃやで、ピョートルたん、、、。国家というオモチャを与えられた子供が、それを全力で遊び抜いたら、なんと強国が生まれていたって感じ。家臣は鬱で倒れなかったのかしら?とか余計な心配をしてまいます。...

評価: 4.0

投稿日:2012/04/30

今更な感じですが、文庫化されたので、改めて読み直しました。 栽培可能な植物の分布と、家畜化可能な動物の分布の差が、現在の文明間の違い(格差ではなく)を生み出したっていう話。今は研究も進んでまた違った見地が出ているのかもしれないけど、この結論に導くまでのジャレドさんの文系理系横断型の知識の幅の広さに...

評価: 5.0

投稿日:2012/04/30

全三巻1000ページを超える大作ですが、ワクワクが止まらない。 歴史小説の醍醐味は全部入ってます。 とにかく、悪役ウィリアム・ハムレイがまぢサノバビッチで、やることなすこと本当に最低なので、自身にふさわしい凄惨な最期をいつ迎えるのかが楽しみにすらなってきます。ともかく、ワタクシはこの小説に1週間...

  • 1~6件 (全6件)

mercyさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:mercy
本棚登録件数: 6 冊
レビュー件数: 6 件
mercyさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っている  
mercyさんのタグ:
小説   歴史   短編集   文化人類学   シュール   ロシア   アメリカ