レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全20件)
miuraさんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2019/04/19

投稿日:2019/04/20

「不適切な依頼には、適切な理由があるんだ」っていうフレーズがなんか好き。

評価: 4.0

読了日:2019/04/14

投稿日:2019/04/15

プレミアムブランドに関する本。 トヨタは最大公約数的な作り方をしているので、良く言えばバランスの良い、悪く言うと尖った所のないクルマになっている。そのため、大衆向けのブランディングとしては良いが、プレミアムブランディングとしては苦戦しているというのがとても分かりやすかった。 とはいえ、マツダ関連...

評価: 4.0

読了日:2019/04/14

投稿日:2019/04/15

2018年1月〜6月の http://blog.fuyushoten.com/ 。1年前のブログを読んで、気づきのようなものが得られるのは、抽象的に書かれているからなのでしょう。

評価: 5.0

読了日:2019/04/14

投稿日:2019/04/15

デザインへの想いが詰まっていて良かったです。 デザイン駆動型開発って感じました。 ドイツも日本同様にミニマリズムの美意識があるが、異なるミニマリズムである主張にグッとくるものがありました。

評価: 4.0

読了日:2019/04/14

投稿日:2019/04/15

逆境だからこそ知恵が出るっていう事例。 人数が少ないからこそ、コンピュータを積極的に採用したし、後戻りが出ないように攻めどころを事前に整理した。 それと、反作用を怖れず一度試しに振り切ってみるっていう作戦は使える場面がありそう。

評価: 3.0

読了日:2019/04/13

投稿日:2019/04/14

再登場したキャラがやけにあっさり退場したなという印象。キャラが多いので仕方ないんでしょうが。

評価: 3.0

読了日:2019/04/13

投稿日:2019/04/14

0歳〜小学校卒業くらいまでの子どもを持つ親が対象。 薬に対して、良い面・ほどほどにした方が良い面の両方触れていて距離感が良い感じがしました。他のトピックも大体そんな立ち位置になっていたのではないかと。

評価: 3.0

読了日:2019/04/13

投稿日:2019/04/14

「余白」と「デザイン思考」の本。

評価: 4.0

読了日:2019/03/30

投稿日:2019/03/31

激変中の自動車業界について理解が深まった。 アイシングループに勤めている者としては、もう少しアイシンについて触れて欲しかったところ。まあ、それが客観的にみたアイシンの立ち位置なのかもしれないが・・・

評価: 4.0

読了日:2019/03/29

投稿日:2019/03/31

無印(?)と同じだけ発刊されている事に驚き。 どこまでインフレは続くのか?

  • 1~10件 (全20件)

miuraさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:miura
本棚登録件数: 20 冊
レビュー件数: 20 件
miuraさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本  
本の所有:
持っている   持っていない  
miuraさんのタグ:
立ち読み   漫画喫茶