レビューの並び替え:
一覧へ
  • 9件目(全13件)
ガンダム「一年戦争」

著者: 円道祥之

出版社:宝島社 (2002/06)

評価: 4.0

読了日: 2012/07/02

投稿日: 2012/07/09

ガンダムの本もそこそこ読んできたが毛色が全く違くて面白かった。
割と見かけるのは、ガンダムという史実の中での裏設定など、ガンダムが主軸で語られているものだったりするが、本作は現実世界での戦争が結果としてガンダムの世界でどのように作用があったか。等、今僕らが過ごしている世界が主軸であったりする。

僕らの生きている先に宇宙世紀が待っていると考えるとワクワクしません?
ちょっぴり怖いですけどね。。

ワクワクした方は是非どうぞ。


    コメント

    ガンダム、観たことないんですよね。。。
    でもファンが多いので、今さらながら観てみようかと計画中です!
    ハマったらぜひ本も読んでみたいです♪

    2012/07/09 by chao

    もちろんガンダムを知らないと辛いとは思うものの、この作品に関してはガンダムを知らなくても観賞に耐える気がしました。

    結構な数を読んでいる割に、そうそう5点満点の評価は付けないのですが、この作品は思わず付けちゃいましたからねぇ。お気に入りです♪

    2012/07/09 by ice

    ジオンがいいです!
    いや、連邦も捨て難い・・・。セイラさんいるしなぁ

    2012/07/09 by makoto

    mojoさんの読書レビュー 「ガンダム「一年戦争」」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:mojo
    本棚登録件数: 54 冊
    レビュー件数: 16 件

    自己紹介:
    はじめまして、mojoと申します。

    宜しくお願いします。

    mojoさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読みたい本   読み終わった本  
    本の所有:
    持っていない   持っている  
    mojoさんのタグ:
    青春   ドラマ化   映画化   雪平夏見   アニメ化