レビューの並び替え:
一覧へ
  • 6件目(全16件)
夜は短し歩けよ乙女

著者: 森見登美彦

出版社:角川グループパブリッシング (2006/10)

評価: 4.0

読了日: 2012/08/20

投稿日: 2012/08/20

大学の後輩の黒髪ちゃん(天然)に恋する男子のお話。

主人公のストーカーっぽい行動に好感と共感がもてる。。
はたしてココらへんの微妙なラインの行動が女性に許容されるのか否か。
男子一生の謎でございます。

レトロでポップなファンタジーといった世界観(文体込み)も心躍ります。

森見さんの別作品を読んでみよう。


    コメント

    > 主人公のストーカーっぽい行動に好感と共感がもてる。。

    そこに共感しちゃいますか!(笑)

    でも、ストーカーなんて言葉が無ければ、偶然を装ってあちこちで出逢いたくなるのって、むしろ自然な気がします。

    > レトロでポップなファンタジーといった世界観(文体込み)も心躍ります。

    面白うそうなので文庫版を読んでみようと思います。

    2012/08/20 by ice

    恋っていいなぁ(遠い目...)

    2012/08/20 by makoto

    カワイイお話ですね☆

    2012/08/20 by sayaka

    先週末に小説にも登場する進々堂に行きました。これが外堀を埋める生活の終点か~と感慨深く美味しいコーヒーをいただきました。

    以前京都市に住んでいたのですが、森見作品で切り取られる京都はイキイキしていて別世界のやうで素敵です。

    進々堂の後に下鴨神社の前を通ると丁度古本まつりをやっていて感激。但し真夏の屋外古本市は作品同様猛烈な暑さでした。そこだけはリアル京都

    2012/08/20 by ybook

    ストーカーという言葉にしてしまうと嫌ですが

    >「偶然の」出逢いは頻発した。

    なんて表現すると急激に微笑ましくなりますね☆
    恋の行方が気になります!

    2012/08/20 by sunflower

    mojoさんの読書レビュー 「夜は短し歩けよ乙女」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:mojo
    本棚登録件数: 54 冊
    レビュー件数: 16 件

    自己紹介:
    はじめまして、mojoと申します。

    宜しくお願いします。

    mojoさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読みたい本   読み終わった本  
    本の所有:
    持っていない   持っている  
    mojoさんのタグ:
    青春   ドラマ化   映画化   雪平夏見   アニメ化