レビューの並び替え:
一覧へ
  • 4件目(全16件)
永遠の0(ゼロ)

著者: 百田尚樹

出版社:講談社 (2009/06)

評価: 4.0

読了日: 2012/08/26

投稿日: 2012/08/26

たった一人の男のたった数年を追っただけで、おびただしい数の犠牲の上に我々の時代が在ることを気付かされた。
それだけでも読む必要がある類の本だと思う。

知らないことが多すぎた。とても心苦しく感じた。
色々と調べながらも読み進めただけにサックリ読める部類ではなかったものの、自分の中に残したものは大きく、とてもいい本に巡り会わせてくれたと思う。

余談ですが、小学校の頃の校長先生が特攻隊員でした。
ある日の集会で「死んでいった人たちを思うと、今でも悔しいし情けなくなる」といったことを涙ぐみながら語ってくれたのを思い出した。
この本を読んでもなお、あの時の校長先生になんて言葉を掛ければいいか、わからない。でもそんな思いを伝えてくれた事には、ありがとうございました。と心から言えるだろう。


    コメント

    子供の頃に聞いた話はその時はあまりわからなくても、大人になってその意味や重さに気付くことありますよね。戦争の話もまさにそんな気がします。mojoさんの校長先生の話を読んで、昔、祖母から聞いた戦争の時の話を思い出しました。

    2012/08/26 by chao

    我々の世代でも相当風化が進んでいる現実が有るので、更に若い世代には強く意識して引き継いでいく必要が有りますね。

    2012/08/27 by ice

    身近に元特攻隊員がいらしたのですね。
    彼らは「生き残った」ことへの罪の意識が非常に強いと聞きます。
    生徒に話されたということはとても勇気がある行いだと思いました。
    教師としてしっかりした考えを持った先生だと思います。
    mojoさんも、その体験を大事になさってくださいね。

    2012/08/27 by 月うさぎ

    mojoさんの読書レビュー 「永遠の0(ゼロ)」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:mojo
    本棚登録件数: 54 冊
    レビュー件数: 16 件

    自己紹介:
    はじめまして、mojoと申します。

    宜しくお願いします。

    mojoさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読みたい本   読み終わった本  
    本の所有:
    持っていない   持っている  
    mojoさんのタグ:
    青春   ドラマ化   映画化   雪平夏見   アニメ化