レビューの並び替え:
一覧へ
  • 7件目(全16件)
ましろのおと

著者: 羅川真里茂

出版社:講談社 (2010/10)

評価: 4.0

読了日: 2012/07/26

投稿日: 2012/07/27

三味線まんが。

師匠としていた祖父が死に、自失しフラッと青森から東京へやって来た主人公・雪。
そこでの生活で様々な人と出会い、自分を取り戻していくのだが・・・。


意外と言ってはマズイかもしれないが、三味線が魅力的。
音を表現する画もどこかノスタルジックで素敵です。

今後が気になります。


    コメント

    三味線の漫画なんですか?
    最近はそういうニッチな世界狙いの漫画が蔓延していますね。
    でも、それなりにみんな面白かったりするのですよね。

    津軽三味線なんて、ロックのリードギター的なノリがあり、
    非常にカッコいいと思っています。
    ストーリーはちょっとくさそうだけど(^^)、面白そうです。

    2012/07/27 by 月うさぎ

    Tsukiusagiさん>
    はい!三味線マンガです!!
    確かに「そこ攻めてくるか」というマンガが増えてますよね。
    自分が知らなかった世界を気軽に楽しめるので、結構重宝しております。
    > ロックのリードギター的なノリがあり、非常にカッコいいと思っています
    確かに劇中の演奏描画はカッコイイです!

    2012/07/31 by mojo

    mojoさんの読書レビュー 「ましろのおと」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:mojo
    本棚登録件数: 54 冊
    レビュー件数: 16 件

    自己紹介:
    はじめまして、mojoと申します。

    宜しくお願いします。

    mojoさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読みたい本   読み終わった本  
    本の所有:
    持っていない   持っている  
    mojoさんのタグ:
    青春   ドラマ化   映画化   雪平夏見   アニメ化