レビューの並び替え:
一覧へ
  • 2件目(全67件)
エムブリヲ奇譚 (角川文庫)

著者: 山白 朝子

評価: 5.0

読了日: 2017/12/07

投稿日: 2017/12/07

次元を超えた方向音痴の旅本作家・和泉蠟庵と荷物持ちの耳彦やお付きの輪の、旅先で遭遇する説話のような怪異の短編集。
博識でミステリアスで人格者な蠟庵に対して、耳彦のダメ男ぶりときたら!
情にほだされやすく優しいのに、だらしなく決定的に心が弱い。
そんな耳彦を、微笑ましく思ったり、腹立ち、苛立ち、少し軽蔑し、結局、許容してしまう。

無限ループの末の選択が、切ない輪の話も、とても良かった。

淡々と不思議と怖い、グロく汚く鬼畜が混在し、最後に希望に満ちた話で締め括る。
この人いい!って思ったら、乙一さんの別名義なんですね。


    ももっちさんの読書レビュー 「エムブリヲ奇譚 (角川文庫)」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:ももっち
    本棚登録件数: 88 冊
    レビュー件数: 67 件

    自己紹介:
    読書が大好きです。よろしくお願いします。(о´∀`о)
    読書メーターにも登録していて、そちらに記録してあるレビューを今、読書ログに移行しています。読了日は実は前のものですが、少しずつ、訂正していこうと思っています。

    ももっちさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読みたい本  
    本の所有:
    持っている   持っていない