レビューの並び替え:
一覧へ
  • 3件目(全728件)
たんぽるぽる (かばんBOOKS)

著者: 雪舟 えま

評価: 4.0

読了日: 2017/11/14

投稿日: 2017/11/14

この前の、「桜前線開架宣言」で見つけた、“雪舟えま”さんの歌集。
“雪舟”は“せっしゅう”ではなく“ゆきふね”と読むらしい。

21歳でレビュー、若草色のシュールレアリズムで「大型新人の登場」と
当時、注目されたらしい。

「たんぽるる」は二冊めとして、1996年~2010年までの作品から322首を収めています。
(ちなみに、えま、さんは1974年のお生まれ)

なかなか、一ひねりもふたひねりもある歌ばかり、


でも、気にいったのを選んでおきます。

箱買いの蜜柑二人で床にあけ 見たことないよこんな冬、 って

郵便は届かないのがふつうだと思うよ誰も悪くないのよ

愛が趣味になったら愛は死ぬね・・・テーブル拭いてテーブルで寝る

すきになる? 何を こういうことすべて 自信をもってまちがえる道

この家にくるひとは眼鏡がすごく曇るっていうそんなのしらない

たこ焼き屋の手さばきガラスにくっついて見ている 恋がかなわないの

すきですで変形しそう帰り道いつもよりていねいに歩きぬ

全身を濡れてきたひとハンカチで拭いた時間はわたしのものだ

性格が消えて心だけになって連れてくあなたの良いひとだから

製氷皿にとうとうと水わが心しらない人についてっちゃだめ

体臭が年々つよくなっていくわたしをはやく見つけてほしい

枕辺の本しおりが二枚あり君はすすんでるほうのしおり

明け方にパンと小さくつぶやけばパンが食べたいのかときかれる

寝顔みているとふしぎに音がない。 来たくて来た場所はいつも静か

君がもう眼鏡がいらなくなるようにいつか何かにおれはなります

ホットケーキ持たせて夫送りだすホットケーキは涙が拭ける

雪よ わたしがすることは運命がわたしにするかもしれぬこと

頭から足のさきまで雨に濡れしずかに聞こえだす曲がある

ずぶ濡れを悪いことと思わない街が濡れればおれも濡れるよ

いま少し正気になって父がいう団子は横に引いて食べろと

風呂あがりあなたがパジャマ着るまでの時間がのびる春なのですね

目を閉じてこの身にあたるぶんだけを雨とおもえば怖くはないわ

あられもなく油をすって茄子はいまはっきりと満たす側に回った


なんだか、不思議な、感覚、不思議な、歌、です。


    ごまめさんの読書レビュー 「たんぽるぽる (かばんBOOKS)」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:ごまめ
    本棚登録件数: 740 冊
    レビュー件数: 729 件

    自己紹介:
    落語と読書に、ごまめ~の~いちょかみになって、幅広くお届け・・・・・。

    http://brog.goo.ne.jp/momomeiai


    ごまめさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読みたい本  
    本の所有:
    持っている   持っていない  
    ごまめさんのタグ:
    エッセイ   落語   ことば   料理   短歌   笑い   芸能   小説   ライフスタイル   考え方   生きる   漫画   ビジネス   食べもの   大阪   ぶらぶら   仕事   音楽      人生訓   ゴルフ   対談   演劇   男と女      宗教   映画   きもの   読書   時代小説   芸術   美術   菓子         絵本   家族   日本   釣り   茶道   歌舞伎   文楽      民主主義   文学   友人   哲学   ギャンブル   神社仏閣   謎解き   DNA   インタビュー   スポーツ   文字         文房具   警察   手紙   講演   ファッション   雑貨   政治   ルーツ      都々逸      俳句   ご朱印   時評   写真   遺伝子   天皇   着物      買い物      道具