レビューの並び替え:
  • 1~9件 (全9件)
ユートさんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2018/09/24

投稿日:2018/09/24

周りの人たちのことを客観的な立場から、見下ろして評価を下す。 そうすることで自分の存在意義を確かめようとするなんて、まるで自分のことだなと思った。

評価: 4.0

読了日:2018/05/06

投稿日:2018/05/06

過去の愛する人を信じ続ける母がどこにも居場所を作らず、娘と二人で旅を続けていく物語。 娘はそんな現状からだんだんと自分の道を歩もうとして、それでも母親が心配でたまらなくて。 母親は愛する人との愛の結晶である娘がいなくなることで、生きてる意味を見出だせなくなる。娘がそばにいなくなることでよ...

評価: 5.0

読了日:2017/10/27

投稿日:2017/10/27

少しずつでも歩み続けることが大切でそうしたら違った世界も開けてくるんだなと、それは当たり前のことのようだけど大事なことだと再確認できました。

評価: 3.0

読了日:2017/07/05

投稿日:2017/07/05

恋をした時の胸の奥から喉のあたりが苦しくなったりするどうしようもない感覚を思い出す。 恋をしたことで微かに主人公の意識が変わったことが分かった。 大学生の自分にとって勉強とか就職活動とか大事なことはたくさんありますが、それらと同じくらい恋愛は生きていく上で大事な要素なんだなあって改めて思いました...

評価: 5.0

読了日:2017/06/21

投稿日:2017/06/21

一人の少女が性を意識しだして物語が進んでいきます。 男の自分にとってとっつきにくいのかと思いましたが特にそんなことはなく、親子のつながりについて考えさせられました。 ラストはお互い感情をぶつけ合う親子の叫びみたいなものが描かれていました。でもなんかコミカルに見えなくもなかったです。 少し心が温...

評価: 4.0

読了日:2016/07/02

投稿日:2018/12/18

あとから読んでもあんまり物語の内容は思い出せないけど、心に残る文章はある。 自分の心に残る言葉たちがたくさんあってとってもいい小説だなと思いました。 あと、誰かと一緒に生きていくことってしんどいことや辛いこともあるけど、単純に素敵なことだなと思いました。

評価: 3.0

読了日:2016/05/27

投稿日:2016/05/27

年の差もあまりない5人の若者たちが東京でシェアハウスをしながら暮らす話。 登場人物それぞれの心情が上手く書かれているように思った。大学生で人との繋がりについて考えたりする自分にとってはかなり共感できたり納得する部分が多かった。自分の心を小説にしたみたいだなとも思いました。 お互いが干渉し...

評価: 4.0

読了日:2016/04/25

投稿日:2016/04/26

こんな夏過ごしたいな~と思える小説。誰もがあこがれるような海辺の町を舞台にしています。 この本の主な登場人物のまりあ、つぐみ、つぐみの姉の陽子ちゃん。この三人キラキラしています。この小説に出てくる海みたい。つぐみはなに考えてるか分からないけどどこか人生を悟ったような感じが受けるし、まりあはそれに振...

評価: 5.0

読了日:2015/10/07

投稿日:2016/03/07

69に続いて村上龍さんの小説を読んでみたのですが、面白い!その時の自分に刺さる言葉がたくさんあります。 この小説は「69」と「限りなく透明に近いブルー」の間を埋めるようになっていてます。 僕的には各話の共通のテーマ感じるというよりはグサッとくる文章がたくさんあってその文章をどう自分...

  • 1~9件 (全9件)

ユートさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:ユート
本棚登録件数: 70 冊
レビュー件数: 9 件

自己紹介:
最近本を読み始めました。大学生です

ユートさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っていない   持っている  
ユートさんのタグ:
強烈   お気に入り   学生