レビューの並び替え:
一覧へ
  • 4件目(全9件)

著者: 浦雅春 , ニコライ・ゴーゴリ

出版社:光文社 (2006/11)

評価: 5.0

読了日: 2017/07/11

投稿日: 2017/07/17

どれもクスッと微笑むような小話ばかり。
しかも3作共に、落語調で訳されているため、頭に入ってきやすい印象。改めて日本人は落語が好きなんだと実感。
本書の中で一番オススメなのは、やはり『査察官』。
お互いの勘違いが更なる勘違いを生むその様は、例えが適切かどうかは分からないがアンジャッシュのコントのようだった。


    okusenaさんの読書レビュー 「鼻」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:okusena
    本棚登録件数: 12 冊
    レビュー件数: 9 件

    自己紹介:
    okusena…改め浅見ヨシヒロです。
    名前の如く、内田康夫さんが生み出した名探偵浅見光彦に心酔しきっています。
    今日も私は心の兄浅見光彦と日本中をソアラで駆け抜けています。

    okusenaさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読んでいる本  
    読みたい本  
    本の所有:
    持っている   持っていない