レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全650件)
おにけんさんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2018/09/25

投稿日:2018/09/25

2018/9 6冊目(2018年通算132冊目)。巻の内容は薩長同盟の成立に池田屋事件など。これを読む前に同じ作者の高杉晋作の話は読んだはずなのだけど、内容が思い出せない…。それにしても、西郷と桂、どちらも優柔不断過ぎる。龍馬が一喝しなければ薩長同盟も決まらなかったのではないかと思う。さて、話も佳境...

評価: 3.0

読了日:2018/09/19

投稿日:2018/09/19

2018/9 5冊目(2018年通算131冊目)。池田屋事件、龍馬の後見人だった勝海舟への江戸への帰還など龍馬にとっては暗い話題が多い時期。また西郷隆盛との出会い、長州藩と薩摩藩を味方同士にしようと画策するなど、幕府討伐に向けての布石が揃い始める。この後、歴史はどう動くのか。続けて読んでいきたいと思...

評価: 評価なし

読了日:2018/09/15

投稿日:2018/09/15

2018/9 4冊目(2018年通算130冊目)。土佐藩での親友武市半平太の切腹、京都での新選組の台頭など、情勢は波乱含み。そんな中龍馬は軍艦を手に入れるために西へ東へと駆け回る。この辺の歴史が詳しく頭に入っていると、この文章も面白いのだろうなと思うのだけど、そうでないのが読んでいて悔しい所。新選組...

評価: 3.0

読了日:2018/09/10

投稿日:2018/09/10

2018/9 3冊目(2018年通算129冊目)。白の王の領土戦が良い結果を得られずに終わり、落胆していた所へ白のレギオンと加速研究会が同じという証拠をつかんで七王会議を行ったはいいが、そこでもまた白のレギオンの罠が待ち構えていたという話の流れ。相変わらずいい所で「続く」となるので非常に先が気になる...

評価: 4.0

読了日:2018/09/10

投稿日:2018/09/10

2018/9 2冊目(2018年通算128冊目)。龍馬の行く道を決定づけた勝海舟と出会う。薩摩や長州とは違う道で、「日本」という国を作ろうと奮闘する龍馬。その道は、読んでいるとこの時代にはなかった新しいものを作り上げようとする行動、この点が龍馬が支持される所以なのかなとも思える。物語的にはいよいよ面...

評価: 4.0

読了日:2018/08/28

投稿日:2018/08/28

2018/8 12冊目(2018年通算125冊目)。タイトルに「波乱」とあったので、どんなものかと思いきや、「そう来ましたか」という感じ。改めて、全国大会へ行くということの厳しさを思い知らされたという読了後の感想です。決して手を抜いていたわけではないのだけど、他の学校も宇治北に負けないぐらい練習をし...

評価: 4.0

読了日:2018/08/25

投稿日:2018/08/25

2018/8 11冊目(2018年通算124冊目)。番外編の短編集。芹澤さんと元部長の話と最後の成島さんの話がいい。芹澤さんと元部長、「いつかは決着をつけなければいけないな」って、どんな関係なんだよと読んでいて吹き出してしまった。ベルマークのシステムは「ふーん、なるほど」と思った。これで一応今出てい...

評価: 4.0

読了日:2018/08/24

投稿日:2018/08/24

2018/8 10冊目(2018年通算123冊目)。シリーズの2年生編。映画は未視聴。主に新入生が入って全国大会までの間に色々な人間関係の衝突と解決を描いている。新入生の中では、奏のキャラが強烈。人間関係の問題点が何でも久美子が関わり解決してしまうという点が小説らしい出来過ぎな感があるけれど、読んで...

評価: 4.0

読了日:2018/08/17

投稿日:2018/08/17

2018/8 7冊目(2018年通算120冊目)。これまでとは趣向を変え、第三者の視点から見た形で文化祭の物語が進んでいく。良かったのは「決闘戯曲」「千年ジュリエット」。「決闘戯曲」の方は、とても良くできていて「ハルチカ」シリーズではないと思えるほど。「千年ジュリエット」の語り手の正体についてはコロ...

評価: 3.0

読了日:2018/08/17

投稿日:2018/08/17

2018/8 8冊目(2018年通算121冊目)。最近、村上春樹氏の本をまとめて購入したが、この人の著作はどうも読んでいて腑に落ちないというか、よく分からない部分があったので、図書館で他人が批評している本を見つけ、読んでみた。読んでみた結果、「まあ細かい伏線はさておいて本筋を追え!」という結論を得た...

  • 1~10件 (全650件)

おにけんさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:おにけん
本棚登録件数: 859 冊
レビュー件数: 650 件

自己紹介:
初めまして。onikenと言います。

映画ログからこのサイトを知り、登録しました。
よろしくお願いします。

最近は図書館で借りる本をメインに読んでいます。
色々なジャンルの本を読むことができますが、返却期限に追われてゆっくりと読むことができないのが悩みです。

【2018年の目標というか読書に対しての抱負】
①積読本をなるべく減らす(常に10冊程度にとどめる)。
②年間200冊程度を目標に「小説」や「自己啓発本」を読む。
③色々な作者の本に目を通す。
④コミックの感想の登録をしたいと思います。
⑤昨年に引き続き、時代小説・日本や海外の有名文学なども読める限り読んでいきたいと思っています。

感想の文章は分かりやすく書くことを心がけていますが、文章を書くことが下手なため読みづらい感想になってしまうことも多々あります。
申し訳ありません。

あと私の感想に「いいね」をつけていただいたり、フォローしていただいたり、コメントを頂きありがとうございます。
コメントなどのアクションは、なるべく早くお返しするよう心掛けていますが、遅くなることもあります。予めご承知ください。

皆様、よろしくお願いします。

2018.1.3

備忘録
「月2万円の技術」(kindle版)
2016.12.21 読了。未登録。

「忙しい人のための超短編名作文学集: 5分で読める日本純文学」(Kindle)
2017.8.17 読了。未登録。

「水族館ガール4」
2018.1.31 読了。未登録。

おにけんさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っていない   持っている  
おにけんさんのタグ:
気楽に読める   映画原作   図書館   外国の作者