レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全525件)
おにけんさんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2018/01/20

投稿日:2018/01/20

2018/1 12冊目(通算12冊目。)多分再読2回目。アニメ版は視聴済み。その為、結末は知っているので、この再読では、物事がどのように起こり、展開していくかという点に重きをおいて読んでいる。そういった意味では、感想というものは特にない。ただ、ある方の存在(見崎鳴ではない)は、今読むと「うーん、やっ...

評価: 3.0

読了日:2018/01/20

投稿日:2018/01/20

2018/1 11冊目(通算11冊目)。恋の話だったり小説の方法論の話になったりしてどう話が収束するのかとヒヤヒヤしたが、恋の話はちゃんと決着したので納得した。あと小説を書く点で、他人がどう考えているか気にするべきという一節があったが、その言葉に最近色々な本を読んでもなんかモヤモヤしている自分が吹っ...

評価: 4.0

読了日:2018/01/19

投稿日:2018/01/19

(ネタバレ記述あり、要注意!!) ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 2018/1 10冊目(通算10冊目)。映画視聴済み。映像版を見たときはあまりいい印象を持たなかったが、原作を壊さない程度に適度な設定を付け加えてとても良いノベライズ版になっていると思う。この文章を読んで思いだ...

評価: 4.0

読了日:2018/01/17

投稿日:2018/01/17

2018/1 9冊目(通算9冊目)。ラプラスの箱の謎の秘密が明らかになる。それはある〇〇だったのだけど、確かに地球の住民上位と考える連邦勢力としたら箱の秘密が明かされたら立場が悪くなりますわなという内容。その部分では納得。原作とアニメ版はちょっと違うという感想を見受けたけど、どちらがいいかということ...

評価: 4.0

読了日:2018/01/16

投稿日:2018/01/16

2018/1 8冊目。(通算8冊目)。神殿の巫女見習いという身分(一応貴族)になったマイン。貴族のしきたりがこれまで生活してきたものと異なる部分が多く、四苦八苦しながらも、自分のやりたい事を実現していく様は、世界は違えど、現代社会のサラリーマンに相通じるなと文章を読みながら思った。ルッツや側仕えの孤...

評価: 評価なし

読了日:2018/01/13

投稿日:2018/01/13

2018/1 7冊目(通算7冊目)。手に取ったきっかけは、角川文庫の夏の対象文庫になったのを見て。有名になりかけたころから病気だったためか、主人公が肺病という設定の短編が多い。印象に残ったのは「檸檬」「のんきな患者」「瀬山の話」。「檸檬」は短いながらも文章が写実的でとても印象に残る。「瀬山の話」は、...

評価: 4.0

読了日:2018/01/12

投稿日:2018/01/12

(ネタバレ有り、要注意!!) ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 2018/1 6冊目(通算6冊目。)。ラプラスの箱の座標がインダストリアル7を示し、そこへ向かうバナージ達ネイル・アーガマ。その行く手にフル・フロンタルらが立ちはだかり、戦いが始まる話の筋。マリーダさんの死はバナージ、ミネバ、ジンネ...

評価: 3.0

読了日:2018/01/11

投稿日:2018/01/11

2018/1 5冊目(通算5冊目。)主に昴たちとアゲハと呼ばれる異能力者との対決、そこへ政治家の渡瀬が絡んでくる話の筋。アゲハの中心人物の学と会い、昴は何を思ったのか。アゲハとの決着か、融和か。昴はアゲハとの関係をどうしたいのか?。渡瀬の目的は?。文章の語り手があちらこちらに飛んで、どうにも話がつか...

評価: 3.0

読了日:2018/01/09

投稿日:2018/01/10

2018年4冊目(2018/1 4冊目)。映画化されたときに気になっていたシリーズ。話は吹奏楽部に所属する春太と千夏が、学校内で起こるいろいろな事件に遭遇し、解決していくという筋。印象に残ったのは「退出ゲーム」。こんなミステリーの手法もあったのかと思った。登場人物紹介の所に「〇〇との三角関係に悩んで...

評価: 4.0

読了日:2018/01/09

投稿日:2018/01/10

2018/1コミック4冊目(通算4冊目)。この巻は木根さんと誰か(木根さんの母、佐藤さんなど)が言い合うシーンが多い気がする。特に木根さんの母親はナイスなキャラ。エクソシストは見たことが無いが機会があれば見たいと思う。あと、トイ・ストーリーの回は納得できる部分が多い。ダイ・ハードシリーズは自分も好き...

  • 1~10件 (全525件)

おにけんさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:おにけん
本棚登録件数: 606 冊
レビュー件数: 525 件

自己紹介:
初めまして。onikenと言います。

映画ログからこのサイトを知り、登録しました。
よろしくお願いします。

最近は図書館で借りる本をメインに読んでいます。
色々なジャンルの本を読むことができますが、返却期限に追われてゆっくりと読むことができないのが悩みです。

【2018年の目標というか読書に対しての抱負】
①積読本をなるべく減らす(常に10冊程度にとどめる)。
②年間200冊程度を目標に「小説」や「自己啓発本」を読む。
③色々な作者の本に目を通す。
④コミックの感想の登録をしたいと思います。
⑤昨年に引き続き、時代小説・日本や海外の有名文学なども読める限り読んでいきたいと思っています。

感想の文章は分かりやすく書くことを心がけていますが、文章を書くことが下手なため読みづらい感想になってしまうことも多々あります。
申し訳ありません。

あと私の感想に「いいね」をつけていただいたり、フォローしていただいたり、コメントを頂きありがとうございます。
コメントなどのアクションは、なるべく早くお返しするよう心掛けていますが、遅くなることもあります。予めご承知ください。

皆様、よろしくお願いします。

2018.1.3

備忘録
「月2万円の技術」(kindle版)
2016.12.21 読了。未登録。

「忙しい人のための超短編名作文学集: 5分で読める日本純文学」(Kindle)
2017.8.17 読了。未登録。

おにけんさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っていない   持っている  
おにけんさんのタグ:
外国の作者   図書館   気楽に読める   映画原作