レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全347件)
oniken0930さんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2017/04/29

投稿日:2017/04/29

最近の自分の読書への取り組みに対して少々疑問を持っていたので、参考にする程度のつもりでkindleで探した本。内容に全部同意をしたわけではないが、本格的に読書を趣味にしようとした忘れかけていた動機(色々な人の人生を体験できるという点において自分への考え方の肥やしにしようと思った)を思い出した。他にも...

評価: 4.0

読了日:2017/04/28

投稿日:2017/04/28

シリーズ3作目。今回は、寂れた山間の村に突如人面塚が出現し、世紀の大発見か?という出来事のからくりを瑞希が暴くという話。事象が幻だったとはいえ自然現象だったので、どう話をまとめるかという点に注目して読んだが、特に違和感もなく読む事ができた。とはいえ、地質調査に関する記述については読んでも分からなかっ...

評価: 3.0

読了日:2017/04/27

投稿日:2017/04/27

今回は白の王、ホワイト・コスモス率いるオシラトリ・ユニヴァースと加速研究会が同一の組織であることを証明するためにオシラトリの領土に攻め込む話。バトルばかりの展開でなかなか良かったが、それにしてもオシラトリ側のバーストリンカーたちの能力がチート過ぎ。ネガ・ネヴュラスも20人近くになったのに、それを手玉...

評価: 4.0

読了日:2017/04/26

投稿日:2017/04/26

吹奏楽というと、座りながら演奏するというイメージしかなかったので、マーチングバンドの全国コンクールがあるというのはこれを読むまで知らなかった。文章はその部分を詳しく書いてあるけれど、想像力の乏しい自分にはイマイチ場面を思い浮かべるのが辛かった。でも、一つの目標に向かって日々努力し続ける部活動奮闘記と...

評価: 4.0

読了日:2017/04/24

投稿日:2017/04/24

再読。STAP細胞問題をモチーフにした話の構成。最後の瑞希の記者会見の中の言葉「道を踏み外した事実があったにせよ、人間性まで否定される謂れはないということ」という言葉はその通りだと思う。何故、そう思うかは上手くは言葉に表すことはできないけれど、真実を知った上でそういう事は考えるべきだと思う。インパク...

評価: 4.0

読了日:2017/04/24

投稿日:2017/04/24

「響けユーフォニアム」の別シリーズ。「ユーフォニアム」の黄前久美子の中学時代の同級生、佐々木梓を主人公とした部活動奮闘記。相変わらず、吹奏楽部(今回はマーチングバンドの方が多い)の活動やその部活に対する苦悩、友人や部内での上下関係の苦悩などがリアルに描かれている。終わりに、何かと面倒を見てきたあみか...

評価: 4.0

読了日:2017/04/22

投稿日:2017/04/22

作品を読んで、少女から大人へ成長するというのは、小さなころからこだわっていたことが「外のこと」という風に認識するという事なのかなとぼんやりと思いました。男性である自分にはこの小説に書かれている心情部分は理解できないのですが、自分が苦手だと思う女性の心情を知る上ではこの方の小説はとても参考になります。...

評価: 4.0

読了日:2017/04/21

投稿日:2017/04/21

電子書籍にて再読。不正に研究費を受給しようと企む悪徳な企業や業者をノンキャリア官僚の水鏡瑞希が不正を暴くというお話。シリーズがすべて揃ったので、おさらい目的という形で1巻から読んでいる。「千里眼」や「万能鑑定士」シリースとはまた違った意味合いで面白く読めた。前回は一応2まで読んでいるが、1で登場した...

評価: 4.0

読了日:2017/04/20

投稿日:2017/04/20

「空の中」「海の底」の後日譚を含めた6編の短編からなる自衛隊を舞台にした恋愛短編集。この作者らしい、読み手がキュンというような甘い恋愛話ばかり。私的には「国防レンアイ」が一番かなあ。(こういうシチュエーションに憧れていたという意味で)。単体でも読めるけど、「塩の街」「空の中」「海の底」を読むとより物...

評価: 4.0

読了日:2017/04/19

投稿日:2017/04/19

再読多分2回目。村上春樹を知ったきっかけになった短編集。高校の国語の授業で「中国行きのスロウ・ボート」の一部が取り上げられ、興味を持ったのが動機。「中国行きのスロウ・ボート」以外は初読み。「カンガルー通信」は今こういうことをやったらストーカー扱いだなと考えながら読んだ。印象に残ったのは「中国行きのス...

  • 1~10件 (全347件)

oniken0930さんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:oniken0930
本棚登録件数: 393 冊
レビュー件数: 347 件

自己紹介:
初めまして。onikenと言います。

映画ログからこのサイトを知り、登録しました。
よろしくお願いします。

最近は図書館で借りる本をメインに読んでいます。
色々なジャンルの本を読むことができますが、返却期限に追われてゆっくりと読むことができないのが悩みです。

過去の読書記録を現在こちらに移行している最中です。連投して登録することが多々あるかもしれませんのでご了承ください。


好きなジャンルは、青春もの、ライトノベル、サスペンスものです。シリーズになっている作品を追いかける傾向があります。
ただ、偏った読書は避けたいので色々なジャンルの本を読むことを心がけています。

感想の文章は分かりやすく書くことを心がけていますが、文章を書くことが下手なため読みづらい感想になってしまうことも多々あります。
申し訳ありません。

あと私の感想に「いいね」をつけていただいたり、フォローしていただいたり、コメントを頂きありがとうございます。
コメントなどのアクションは、なるべく早くお返しするよう心掛けていますが、遅くなることもあります。予めご承知ください。

ボチボチと現在読んだ作品、また過去に読んだ作品も登録していきたいと思っています。

皆様、よろしくお願いします。

2016.8.30

備忘録
「月2万円の技術」(kindle版)
2016.12.21 読了。未登録。

oniken0930さんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っていない   持っている  
oniken0930さんのタグ:
外国の作者   図書館   気楽に読める   映画原作