レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全731件)
おにけんさんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2019/10/11

投稿日:2019/10/13

2019年75冊目。「刑事カミーユ」シリーズの完結編。妻イレーヌを酷い形で失った刑事カミーユに新たな恋人ができ、危うい関係ながらも立ち直りつつあったカミーユだがその恋人が事件に巻き込まれ、刑事の職も失う危機に陥りながらも、事件の真相を解明するという話の筋。犯人は主人公に恨みを持つという観点から考えれ...

評価: 3.0

読了日:2019/10/04

投稿日:2019/10/04

2019年74冊目。冬の社交と2年目の貴族院が話の中心。ただ、今回は外伝の2本の話の方が良かった気がする。マインが貴族になることで家族の繋がりを断たれたマインの母エーファの話がいい。あと、本編では貴族院に未成年ながらも王族として滞在することになった第3王子が次巻以降のローゼマインとどう関わってくるの...

評価: 3.0

読了日:2019/09/30

投稿日:2019/09/30

2019年73冊目。Youtuberとして有名なHIKAKINさんがどうやって今の地位を確立したか、ユーチューブでどのようにして成功したかを記した本。恥ずかしながら、この人の動画は一切見たことがなく、あまり興味も持っていなかった。ただ、この本を読んで、HIKAKINさんがしっかりとしたポリシーを持っ...

評価: 5.0

読了日:2019/09/29

投稿日:2019/09/29

2019年71冊目。映画公開に合わせて原作のおさらいをしておこうと思ったのが動機。上下巻あわせて900p越えの大作だけど、とても楽しく読むことが出来た。この作品を書くにあたって、筆者が時間をかけてリサーチした部分が作品に生かされている。面白かった。最後はやや予定調和的な終わり方だけど、亜夜や塵、マサ...

評価: 5.0

読了日:2019/09/24

投稿日:2019/09/24

2019年70冊目。映画公開の前に原作をおさらいしておこうと思い読み始めた。400p越えの作品だが、文章に勢いがあり、スラスラっと読める。具体的な感想は下巻を読み終えたときに書こうと思う。ただ、直木賞と本屋大賞、両方受賞したのも納得できる出来だなと上巻だけ読んでもそう思えた。読むのが楽しい。下巻も読...

評価: 4.0

読了日:2019/09/21

投稿日:2019/09/21

2019年69冊目。色々センセーショナルな出来事を起こした貴族院から戻り、城や神殿の生活が続く。物語的には、平凡な(但しこれまでと比較してだけど)日々の出来事が綴られている。それでも、北の領地で祝福を与えたら一気に季節を変えてしまう辺りは、変な意味で聖女伝説に拍車をかけてしまった感がする。続きも読ん...

評価: 評価なし

読了日:2019/09/13

投稿日:2019/09/13

2019年68冊目。「その女、アレックス」の前の話。凄くグロい。あと、前出の本を先に読んでいるので、カミーユの妻イレーヌの顛末は分かっている状態で読んでいた。なのでいつ頃いなくなるのだろうと思いながら文章を読み進めていたが、そのシーンは衝撃的だった。こんなこと経験したら誰だってトラウマになるだろうと...

評価: 4.0

読了日:2019/09/06

投稿日:2019/09/06

2019年67冊目。ラストでルッツを始め、これまでにマインの支えになっていた場所が無くなってしまうシーンは見ていて複雑な気分になった。ルッツ視点の短編を読んでも同じ気分になる。それでも健気に前に進もうとするローゼマイン。読んでいて胸が熱くなった。ローゼマインはこれまで以上に貴族のしきたりに振り回され...

評価: 4.0

読了日:2019/08/24

投稿日:2019/08/24

2019年65冊目。ローゼマインの暴走が止まらない。貴族院に行ってからは特にその傾向が顕著になっているような気がします。それでも、成り行きで始まった宝盗りディッターでのローゼマインの采配やその直後に起こった護衛騎士の解任での判断は見事の一言。その後でエーレンフェストに帰った後の保護者たちに説教される...

評価: 4.0

読了日:2019/08/23

投稿日:2019/08/23

2019年64冊目。中編が3編。それぞれが中々に怖いなと思える作品ばかり。それにしても、背景知識を良く調べているなと毎度毎度感心させられる。森司とこよみはもう、「リア充爆発しろ」「いい加減付き合いなさい」とツッコミを入れたくなるほどもどかしい。でもいいなあ。こんな関係。うらやまし過ぎるぞコンチクショ...

  • 1~10件 (全731件)

おにけんさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:おにけん
本棚登録件数: 1129 冊
レビュー件数: 731 件

自己紹介:
初めまして。onikenと言います。

映画ログからこのサイトを知り、登録しました。
よろしくお願いします。

最近は図書館で借りる本をメインに読んでいます。
色々なジャンルの本を読むことができますが、返却期限に追われてゆっくりと読むことができないのが悩みです。

【2018年の目標というか読書に対しての抱負】
①積読本をなるべく減らす(常に10冊程度にとどめる)。
②年間200冊程度を目標に「小説」や「自己啓発本」を読む。
③色々な作者の本に目を通す。
④コミックの感想の登録をしたいと思います。
⑤昨年に引き続き、時代小説・日本や海外の有名文学なども読める限り読んでいきたいと思っています。

感想の文章は分かりやすく書くことを心がけていますが、文章を書くことが下手なため読みづらい感想になってしまうことも多々あります。
申し訳ありません。

あと私の感想に「いいね」をつけていただいたり、フォローしていただいたり、コメントを頂きありがとうございます。
コメントなどのアクションは、なるべく早くお返しするよう心掛けていますが、遅くなることもあります。予めご承知ください。

皆様、よろしくお願いします。

2018.1.3

備忘録
「月2万円の技術」(kindle版)
2016.12.21 読了。未登録。

「忙しい人のための超短編名作文学集: 5分で読める日本純文学」(Kindle)
2017.8.17 読了。未登録。

「水族館ガール4」
2018.1.31 読了。未登録。

「鬼畜過ぎて脱落者続出!伝説のトラウマファミコンソフト}
2019.4.1 読了。未登録。

おにけんさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っていない   持っている  
おにけんさんのタグ:
気楽に読める   映画原作   図書館   外国の作者