レビューの並び替え:
一覧へ
  • 34件目(全108件)
遅読家のための読書術―――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣

著者: 印南 敦史

評価: 4.0

読了日: 2018/05/13

投稿日: 2018/05/13

「遅読家のための」というタイトルの通り、速読術の本では全くありませんが、本を効率よく読み、積み本を解消するためのノウハウが書かれている一冊です。

著者の印南氏が提唱されている、「ストック型」の読書から、「フロー型」の読書へ、という提案は、なかなか光るものがあります。

ビジネス書や自己啓発本って、確かに「自分語り」が多く、差別化のために本質ではないところでページ数を増やしているものですよね。
ただ、今はそれこそ無料のネット記事も充実していますから、本にお金を費やす以上は、そういうところからタダでは得られないものを得たいという気持ちもあるんですよね。

そこを読む側がどうやって処理するかというのが、この本の内容を実践するに当たってのポイントでしょうか。


    コメント

    レビューありがとうございます!書店に行っても、TSUTAYAに行っても、読みたい本ばかりで、(嬉しい?)悩みがありましたが、そこへの解が少し見えそうな本であり、とても読んでみたくなりました。

    2018/05/13 by Jay

    >Jayさん
    コメントありがとうございます!

    Jayさんもレビューされている本はビジネス書や読書術、仕事術、勉強術などの本が中心のようなので、(この本への評価が良いかどうかは別として、)内容は参考になると思います。

    個人的には、ビジネス書はエッセンスをできる限り素早くつかめるようになり、それで浮いた時間を読書ログの月間課題図書に選ばれるような本に充てるというのが理想です。
    著者の印南氏も、「1週間を1日1冊で6冊読んで、あと1日は小説などを少しずつ読み進める」というやり方を提案されていますし。
    …ただ、なかなか難しいですね^^;

    2018/05/13 by ピース

    ピースさんの読書レビュー 「遅読家のための読書術―――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:ピース
    本棚登録件数: 152 冊
    レビュー件数: 108 件

    自己紹介:
    土木系の計画・設計業務と先端技術の実用化に携わっている者です。

    レビューはビジネス書や自己啓発本、あるいはいかにも「技術職」という感じの本が多くなるかと思いますが、小説・エッセイ・歴史系・社会評論系なども出来る限りやって行きたいですね。
    CD付きの本(英語含むオーディオブック、脳や心に良い音楽とその解説がセットになった本など)も割とよく買うので、それもレビューしていこうと考えています。

    途中で合わないとか、読む価値がないと思った本はさっさと読み流してしまう(あるいは電子書籍で試読の出来ない本なら目次だけで読むのをやめることも)タイプなので、★2以下の評価は滅多につけないと思います。

    hontoでもレビューやっています(HNはこちらと違います)。

    よろしくお願いします。

    ピースさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読んでいる本  
    読みたい本  
    本の所有:
    持っている   持っていない