レビューの並び替え:
一覧へ
  • 61件目(全108件)
1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート

著者: 永谷 研一

評価: 5.0

読了日: 2017/08/14

投稿日: 2017/08/14

私も日記帳は持っているのですが、なかなか思うように続けられない感じがあったので、この本を買って読んでみました。

本当に、子供の頃を思い出すような気持ちで、「できたこと」を書いていくというのは、いいアイデアですね。
その一方で、「したこと」ではなく「できたこと」を書くという意味では、「大人の思考力」も問われる気がします。

「できたこと」を見つけるコツについても、いくつかの「メガネ」と「レンズ」という表現で書かれていますが、私は理系人間ということで、"Number"を重点的に探して見つける感じになりそうですね。

また、「内省」にあたって、
1.事実を詳細に思い出して書く
2.原因を丁寧に分析する
3.自分の中に沸いた本音の感情をとらえる
4.そして、次の行動の指針を立てる

というのは、繰り返し実践していかないとなかなか身につかない気がしますが、これが習慣になれば、生活も仕事も少しずつ成長できる実感がありそうです。


    コメント

    『 気持ちを「言葉にできる」魔法のノート』を買って読んでいたので、感情のラベリングの重要視はしていたつもりなのですが、内省において「事実」と「本音」のリンク付けをすることで行動の指針を立てられるようになることは私の理想の行動なので凄く読みたくなりました。

    2019/01/05 by 月岩水

    >月岩水さん
    コメントありがとうございます!

    >『気持ちを「言葉にできる」魔法のノート』
    調べてみましたが、これも面白そうな本ですね。

    「事実」と「本音」については、私は「リンク付け」の前に、それを切り分けて考えることが苦手なタイプなので(理系なのに…^^;;)、心の中で言葉にするだけではなく、書く習慣を付けるだけでも十分効果がありそうです。

    2019/01/05 by ピース

    ピースさんの読書レビュー 「1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:ピース
    本棚登録件数: 152 冊
    レビュー件数: 108 件

    自己紹介:
    土木系の計画・設計業務と先端技術の実用化に携わっている者です。

    レビューはビジネス書や自己啓発本、あるいはいかにも「技術職」という感じの本が多くなるかと思いますが、小説・エッセイ・歴史系・社会評論系なども出来る限りやって行きたいですね。
    CD付きの本(英語含むオーディオブック、脳や心に良い音楽とその解説がセットになった本など)も割とよく買うので、それもレビューしていこうと考えています。

    途中で合わないとか、読む価値がないと思った本はさっさと読み流してしまう(あるいは電子書籍で試読の出来ない本なら目次だけで読むのをやめることも)タイプなので、★2以下の評価は滅多につけないと思います。

    hontoでもレビューやっています(HNはこちらと違います)。

    よろしくお願いします。

    ピースさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読んでいる本  
    読みたい本  
    本の所有:
    持っている   持っていない