レビューの並び替え:
一覧へ
  • 113件目(全121件)
内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

著者: スーザン・ケイン

評価: 5.0

読了日: 2016/11/20

投稿日: 2016/11/20

私も自分のことは自他共に認める内向型の人間ということで、書店でこの本を見つけ、興味を惹かれて買って読みました。

確かに、一見すると今の社会構造は外向型人間向けになってきているようにも見えます。
ですが、(これは旅する葦さんのレビューにも書かれていますが)実際のところは普段の仕事でも生活でも、内向型の人に向いている任務っていうのはたくさんあるんだなあということを感じました。

この一冊を読んで思ったこととしては、現代社会は「多様性(ダイバーシティ)」が重視されるようになったからこそ、内向型人間と外向型人間の間にこそ、互いに支え合い補い合い、相乗効果を発揮できるような場が創られることを期待したくなります。


    コメント

    多様性大事だなあと痛感する事多々。自分はスイッチ入れないと社交的になれないタイプでーす。

    2016/11/20 by fraiseyui

    私は外向型とは言えないタイプですね~……
    外向性が大事だと思っていたので、むしろ内向型に向いているものもたくさんあることに驚きです。

    2016/11/21 by pan

    最近ではそう思われないことが多くなっておりますが、本質的には引っ込み思案で人見知りなので、とても興味が有ります。

    2016/11/21 by ice

    ピースさんの読書レビュー 「内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:ピース
    本棚登録件数: 169 冊
    レビュー件数: 121 件

    自己紹介:
    土木系の計画・設計業務と先端技術の実用化に携わっている者です。

    レビューはビジネス書や自己啓発本、あるいはいかにも「技術職」という感じの本が多くなるかと思いますが、小説・エッセイ・歴史系・社会評論系なども出来る限りやって行きたいですね。
    CD付きの本(英語含むオーディオブック、脳や心に良い音楽とその解説がセットになった本など)も割とよく買うので、それもレビューしていこうと考えています。

    途中で合わないとか、読む価値がないと思った本はさっさと読み流してしまう(あるいは電子書籍で試読の出来ない本なら目次だけで読むのをやめることも)タイプなので、★2以下の評価は滅多につけないと思います。

    hontoでもレビューやっています(HNはこちらと違います)。

    よろしくお願いします。

    ピースさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読んでいる本  
    読みたい本  
    本の所有:
    持っている   持っていない