レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全61件)
PONTさんの読書レビュー一覧

評価: 5.0

読了日:2018/02/17

投稿日:2018/01/30

白村江の戦いがどんなだったかは知らなかった。 ただ、百済が敗れて、日本へ逃げて来たとか。 高句麗・新羅が日本へ攻めてくるというので、百済の人の技術で 日本の各地に古城を作ったとか。 さて、白村江とはいったい何なのか。 本を読んでいるとおもしろいことが書いてある。 隋が高句麗を攻撃...

評価: 5.0

読了日:2018/02/12

投稿日:2018/02/13

漫画と知らず、買って読みました。 とてもおもしろかったです。 鈴木みそさんのシリーズ、結構おもしろそうです。 見てみようかな?

評価: 4.0

読了日:2018/02/03

投稿日:2018/01/29

花崗岩、玄武岩、橄欖岩(かんらんがん)の3つとか。 橄欖岩て何なんだ? 石の誕生に元素記号が出てくるとは思わなかったです。 地球は、14番、Si珪素(ケイソ)が多いとか。 とても興味津々です。 結局の所、地球誕生46億年からすれば、日本はプレートの上のまぼろしですね。

評価: 4.0

読了日:2018/01/27

投稿日:2018/01/29

エッセー集とまた違ったシーナの写真日記だそうです。 「アサヒカメラ」の連載をまとめたものとか。 写真があるだけに妙にリアルに迫ってくるので、ほのぼのだけでは終わらない真実があります。   ロシアの極北では、マイナス30度で斜面があれば、滑り台のように遊ぶらしい。マイナス40度では凍りつい...

評価: 5.0

読了日:2017/12/18

投稿日:2017/12/12

今、これをプライム読書で読んでいるけど、世界観が変わりますね。 人それぞれ、価値観があっていいと思いますが、 幸せな成功者になると、すばらしいです。 宝くじで、4億円当たったら、何に使うか? に始まって、大富豪は宝くじ買わないよ。だって。 宝くじの当選確率よりも、もっと確実に稼...

評価: 4.0

読了日:2017/12/17

投稿日:2017/12/18

いっぱい方法がありすぎて、ちょっと頭が混乱します。 もっと掘り下げて、じっくり説明してほしい所ですが…。 メラトニン(睡眠ホルモン)について、説明がありましたので、書いておきます。 メラトニンは、脳の松果体(しょうかたい)で作られる。 朝方太陽光を浴びると作られ、夜周囲が暗くなると脳...

評価: 5.0

読了日:2017/12/10

投稿日:2017/12/10

「まほろば」とは、漢字で書くと真秀場(まほらば)。 国の中心、最高の場所を指すらしい。 なんとすばらしい国に我々は住んでいるのだろう、ということらしい。 かつて奈良が、まほろばだった。  邪馬台国を壊滅状態に追いやったのは、九州を襲った超大型台風だったらしい。 僕は、邪馬台国を滅ぼした...

評価: 5.0

読了日:2017/12/02

投稿日:2017/12/02

この本の中のひとこま  グリーン車の中で、窓際に座り寝ていたら、通路側にマスクにサングラスの女性が座った。 そのおばはん(ひょっとすると若いかもしれない)は、リクライニングを倒し、フットレストを上げ、テーブルを下ろし、その上に自分の大きなバッグを乗せて、イヤホーンをキンキン鳴らし寝たそうです。 ...

評価: 4.0

読了日:2017/11/27

投稿日:2017/11/27

アメリカの新聞社が大変なことになっているらしいです。 インターネットのニュースサイトに押されて、新聞社は経営悪化となり破綻し、新聞はどんどん廃刊に追い込まれているそうです。  アメリカの新聞社は、8割の広告収入が落ち込み、経営として成り立たなくなってきているようです。 日本は配達制度により...

評価: 5.0

読了日:2017/11/08

投稿日:2017/11/08

崇徳院と聞いたら、読まずにはいられない。 昨年まで、崇徳上皇の足跡をたどる旅をしていました。 崇徳院上皇が四国の坂出に流れ着いた場所から、暗殺された所、 四国で唯一の天皇家の御陵、白峰寺、そして金比羅山の奥の院で終りと思っていましたが、今回この本を読んで、 京都の白峯神宮と祇園の崇徳天皇...

  • 1~10件 (全61件)

PONTさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:PONT
本棚登録件数: 78 冊
レビュー件数: 61 件

自己紹介:
いろんな本を読んでいます。
ただいま、椎名誠著の本に夢中になっています。


PONTさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
読んでいる本  
本の所有:
持っていない   持っている