レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全236件)
紫指導官さんの読書レビュー一覧

評価: 2.0

読了日:2019/01/18

投稿日:2019/01/19

ハギスというのは スコットランドでは一般的な 羊の内臓料理 連続殺人を持ってきたり 命を狙われるサスペンス要素を盛り込んだりしてるが コージー物に徹した方が 良かったのでは 麻薬密輸捜査官のスミスが どんくさ過ぎだし、 人としても女性としても 捜査官としても 全く魅力が...

評価: 3.0

読了日:2019/01/08

投稿日:2019/01/11

ポアロの出てくる短編集 厩舎街の殺人  なんだかこじつけ的なオチに思えるが… 謎の盗難事件  登場人物の書かれているページに栞したら  誰が誰か分からなくなるのを防止できた 死人の鏡  ダラダラした話だが  ラストが切なくて良い 砂にかかれた三角形  この短い話の...

評価: 3.0

読了日:2018/12/25

投稿日:2018/12/28

カッコいい権力男性が 美女をさらい、 心まで奪う いわゆるシーク物 決して連れて行ったフィリップになびかず 自己主張を貫くレイン レインにいう事を聞かせる為に 物で釣ってしまいがちなフィリップ これをいっては シーク物は台無しかもしれないが 自分の人生を自分で生きられ...

評価: 3.0

読了日:2018/12/12

投稿日:2018/12/15

人気女性ラジオDJシーラ 番組に脅迫者から 頻繁に電話がかかる 脅迫されるネタに 身に覚えのないシーラを 警察、ラジオ局の面々、学部生の妹デボラが 守ろうとする 特にラジオ局の人ら以外は 犯人らしき人物が出てこないので ラジオ局に脅迫者がいるのかと思いながら読み進めた ...

評価: 4.0

読了日:2018/12/06

投稿日:2018/12/07

ミス・マープルが初めて登場した ミステリー短編の連作 小さな村で暮らしていた 単なる高齢女性と思いきや 日々の生活や人生経験が豊富で、 それを生かした謎解きスタイルは 初めてミス・マープルを知った出版当時の人々には おもしろかったに違いない 事件のあらましを聞いて 必ずミス...

評価: 3.0

読了日:2018/11/26

投稿日:2018/11/29

倒叙法ではあるものの その犯人以外に 色々な人物が絡んできて いやあ ゴチャゴチャ… あの人は死ななくても良かったのでは と思う展開があったり ラストの いわばエピローグともいえる ゾッとさせようとしているオチは お笑い芸人がスベッた的な ない方が良かった、 他の...

評価: 3.0

読了日:2018/11/21

投稿日:2018/11/23

犯人が最初から出てくる倒叙法 インターネットが 出版当時の状況なので 今だとちょっとトロ臭い気がする FBI女性検死官のジェシカ・コランのシリーズは これで初めて読んだが ちょろちょろと 今までの事件、 つまりシリーズ作が出てきてる感じで やはり最初から読むのだった …と...

評価: 4.0

読了日:2018/11/15

投稿日:2018/11/15

ミス・マープルが送り込んだ 家政婦のエキスパートのルーシー・アイルズバロウが 探偵的な立ち位置の本作 アガサも女性、 ミス・マープルもルーシーも女性で きめ細かい描写が続いていて おもしろい それにしても 親子も夫婦もこんだけ冷え切った人たちばかり出てきて 気がめいった ...

評価: 3.0

読了日:2018/11/06

投稿日:2018/11/08

特養にいる高齢者の男女が 様々な犯罪を企み、 実行に移す と言うと マフィアだったり 頭のきれる連中だったりと思いがちだが いたって普通の高齢者コーラスグループ 巧くいっても 失敗しても 酔っぱらったりしても 兎に角なにかあるとすぐ みんなでコーラス始めるのも微笑ましい...

評価: 3.0

読了日:2018/10/28

投稿日:2018/11/01

謎解きミステリーではなく 警察のクルト・ヴァランダーとその部署が 一丸となって 犯人を追う 失敗も試行錯誤も盛り込んだ警察物 なので 高齢のマリア・ルーヴグレンが 瀕死の状態で言う 「外国の…」 という台詞は 犯人が外国人という短絡的なものじゃない …という推理小説...

  • 1~10件 (全236件)

紫指導官さんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:紫指導官
本棚登録件数: 236 冊
レビュー件数: 236 件

自己紹介:
図書館を利用します。
翻訳物が好きです。
ハローワーク勤務なので、関連物も読みます。

紫指導官さんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っていない   持っている