レビューの並び替え:
一覧へ
  • 5件目(全802件)
禁断の魔術 (文春文庫)

著者: 東野 圭吾

評価: 5.0

読了日: 2019/01/11

投稿日: 2019/01/11

面白かったー!

さすが東野圭吾氏!
そして、さすが「ガリレオシリーズ」!!
安定感は半端ないです!前半のちょっと冗長な気がする感じから徐々に物語が進み出す中盤を経て謎が明かされていく後半から怒涛の展開を魅せるラストはもう、圧巻の一言!もう、ページを繰る手を誰が止められようぞ!
気がつけば「あれ?捲るはずのページは何処へ…?」状態。何度見てもそこには捲るページは無い…いやぁー!ちょー、超面白かったです👍

今回は"レールガン"が物語のキー(鍵)。
そのレールガンを作ったのは湯川の教え子。
教え子は並々ならぬ決意を秘めレールガンを作り自分の悲願を達成させようとする。ただしそれは悪魔の所業であり人ひとりの命並びに人生を棒に振ってしまう恐れがある。それを知った湯川がとった行動とは…果たして草薙たちは事件を防ぐことができるのか…?

今作は確かに後味は良くないかもしれません。ラストにかけての畳み掛けっぷりは見事ですが果たして湯川はああいう方法を取らなければいけなかったのか?もう少しいつものガリレオっほくできたのではないか?とも思いました。ですが、そこはエンターテインメント。こういうやり方があっても良いよなと読み終えて思いました。実際あのラストで作品が盛り上がったことはいうまでもないと思いますし。

ただ、それを抜きにしても面白い!
本当に安定感抜群の文章。すらすらと読める…すげーですよ、マジで!

このガリレオシリーズは本当に思い入れがあって毎回読み終わったあとに良い読後感を味わえる本当に貴重な作品なんですよね。ただ、毎回月並みな感想しか書けなくて改めて自分の語彙力の無さと文才の無さに落ち込んじゃうんですよね(笑)

だから、面白かったー!と声高に叫ぶしか自分の高まっている気持ちを表せなくて…
少しでもその熱量が伝わってくれればいいなぁ…という願いも込めて…(><)

はぁ…本当にマジで面白かった…!
次、何読もう…てか、読めっかな(笑)

今回も良い読書が出来ました!


    コメント

    『禁断の魔術』、相当前に読んだので正直内容はほとんど覚えてないんですけど、澄さんのレビュー拝見して、面白かった!ってことは思い出せそうな気がしてきました笑

    2019/01/12 by ねごと

    ねごとさん

    そうなんですね〜(^^)
    そう言って頂けてレビュー無い頭捻って書いた甲斐がありました!
    もう、兎に角面白かった!ということが1ミリでも伝わればいいなぁと毎回思って書いているのでそのお言葉が一番の活力になります!本当にありがとうございます(^^♪

    あと、澄さんと呼んで頂けたのも凄く嬉しいです(*^ω^*)
    ありがとうございます(´>ω∂`)

    2019/01/12 by 澄美空

    澄美空さんの読書レビュー 「禁断の魔術 (文春文庫)」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:澄美空
    本棚登録件数: 809 冊
    レビュー件数: 806 件

    自己紹介:
    ほんわかミステリが好きです。
    でも、色々と多ジャンルの本も作品も読んでいきたいなと思ってます。

    小説、漫画問わず面白い作品を日々探して読んで色々と勉強したり、楽しんだり、共有したりしていきたいです。

    澄美空さんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読みたい本  
    本の所有:
    持っている   持っていない