レビューの並び替え:
一覧へ
  • 19件目(全139件)
大河の一滴

著者: 五木寛之

出版社:幻冬舎 (1999/03)

評価: 4.0

読了日: 2018/04/16

投稿日: 2018/04/16

読み終わると胸のつかえが取れた様な感じします。人間は生まれると、死に向かって行く。人間はいつか死ぬ。そして大河の一滴になり海に帰る。そして蒸発して、雨になる。なんとも深い本です。これまでに三度ほど読みましたがその度、読んだ感じが違います。その時の気持ちや、世の中の状況、なども関係していると思います。また何時か読む時は少し成長した自分がいて、楽しみです。


    rock-manさんの読書レビュー 「大河の一滴」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:rock-man
    本棚登録件数: 155 冊
    レビュー件数: 139 件

    自己紹介:
    ミステリー系が好きです。音楽も好きでハードロック系が好きです。

    rock-manさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本   読みたい本  
    本の所有:
    持っている   持っていない