レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全27件)
ryojiさんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2018/12/15

投稿日:2018/12/15

有川さんの他作品中で知り読みました。 恋愛作品です。 そこに普通とは違う要素がありますが、純粋な作品だと思いました。 自分には縁遠い年代、出来事ですが、普段の生活では人間の嫌なことに触れることがたくさんあっても、この作品からいくらかの純粋さを感じることができて少し癒されました。

評価: 2.0

読了日:2018/12/02

投稿日:2018/12/04

なんか入り込めなくて読む時間もかかってしまいました。 難しいとも違うけど、わかりにくかったです。 ちょうど今の時代一般化してきた仮想通貨がアナログな感じで限定的に使われているという設定はさすがだと思いました。 最近池井戸作品を続けていたから次は変化してみます。

評価: 3.0

読了日:2018/10/28

投稿日:2018/11/04

初期作品の感じを受けました。 敵を最後まで叩き落すところは読者に委ねる?みたいな。 仇敵でもそうだっと思うけど、やっぱり痛快さを求めてしまいます。 面白いんだけど、なんかスッキリしない感じ。

評価: 3.0

読了日:2018/09/27

投稿日:2018/10/03

池井戸さん初期の感じがしました。 評価としてはいまいちでしたが、他の作品が素晴らしいので厳しい評価となりました。 理由としては、仇敵に対しての反撃が弱かった。 スカッとかスッキリといった気分のすくようなエンディングを期待してしまいました。

評価: 5.0

読了日:2018/09/09

投稿日:2018/09/09

会社の隠蔽体質をめぐり様々な視点と人物からの視点で展開していきます。 他の作品でも感じましたが、作品を現実が追いかけている感覚に陥ってしまいます。 この作品についても、その後様々な大企業が社会を揺るがす偽装を内部告発によって大問題になりました。 そこからもわかるように、リアリティが高すぎます。...

評価: 5.0

読了日:2018/08/22

投稿日:2018/08/27

素晴らしい! 裕福な家庭に生まれたアキラ、それに対して幼少期を不遇な環境で育ったあきら。 同じ名だけど、それぞれの違った「あきら」がやがて出会う。 凡人の自分には、裕福なアキラに対して雑草魂のあきらが勝利を治める。そこには池井戸作品の痛快な場面が散りばめられているくらいしか想像できませんでした...

評価: 5.0

読了日:2018/07/29

投稿日:2018/07/30

前作に続いての短編集でしたが、相変わらずの面白さ! 時代背景や他の話との関連性(銀翼のイカロス)がすごく面白かったです。 これを読んでの銀翼のイカロスもしくはその逆でも、そうなってんだとうならせる内容です。 池井戸作品にはずれなしっていうか、大当たりしかない。 本当にすごいことだと思います。...

評価: 5.0

読了日:2018/07/03

投稿日:2018/07/03

実在人物に関する書籍初めてでしたが、非常に楽しめました。 1人称の進め方に引き込まれて、本人の回想録と錯覚してしまうほどです。 田中角栄に関する関連書籍はたくさんあるでしょうが、それぞれ違った視点なんだろと想像できますし、その中で本書を本人が読んだらどのような感想を抱くのかなと思いました。

評価: 3.0

読了日:2018/06/25

投稿日:2018/06/26

ちょうど昨日ドラマの最終回でどうしてもそちらと比べてしまいました。 自分は小説のほうが好きですが、今一つのめり込むようなインパクトを感じませんでした。 ただし、構成や展開は実際の医師だけあって現実感がありました。

評価: 3.0

読了日:2018/06/11

投稿日:2018/06/11

ドラマから入って本作を読みました。 続編となるチームバチスタほかも以前に読みました。 とても読みやすい反面、山場というか盛り上がりに欠けていたという感想です。 ですが、上巻が非常に薄く、ここまでの感想であって下巻まで読み終えて全体の感じ方が変わるかもしれません。 下巻に期待です。

  • 1~10件 (全27件)

ryojiさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:ryoji
本棚登録件数: 183 冊
レビュー件数: 27 件

自己紹介:
記録のために使用していましたが、平成29年10月8日よりレビューも始めました。
世間で話題のものを中心に読んでいます。
純文学は苦手です。

ryojiさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読んでいる本  
本の所有:
持っている   持っていない