レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全179件)
豚の確認さんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2018/12/08

投稿日:2018/12/08

松下さんが社員に向けて送った言葉や、インタビューの内容を載せた本。 タイトル通り、仕事を通じて人生について説いている。 財閥認定までされそうになった彼が説く話はやはり面白い。 松下さん以外でも、トップの人達には共通点がある気がする。 それは、その日その日を地道に精一杯やる、という...

評価: 1.0

読了日:2018/11/27

投稿日:2018/11/27

さすが辻村さん。人間の性格描写が独特なのにスッと読者に入り込んでくる。読んでいて気持ちがいい。 所々の描写や表現も素敵なものがいくつかあった。 ちょっと内容的に説明文が多くなってしまうのは仕方ないかもしれないが、そんな所でも感情を挟んだりして飽きさせない文章でした。 では、なぜ評価1な...

評価: 3.0

読了日:2018/11/24

投稿日:2018/11/24

杏さんと大倉さんがパーソナリティを務めるラジオ番組から抜粋した話を文章に起こした本。 どちらかが持ち寄った本に対して、その本の内容の事やプライベートな事など、多岐に渡って語り合っている。 驚くのは杏さんの読書量と考察。 今もお若いが、さらに若い頃の杏さんがこんなに語れるのか…。 ラジ...

評価: 3.0

読了日:2018/11/19

投稿日:2018/11/19

ある女性、ナスミが40代という若さで亡くなった。 各章ではその出来事を中心に様々な人物の主観で語られている。 死を通して生きるという事、繋げていくという事。 それぞれがナスミによって教えられたり、救われたりしていく。 こういう構成好きだなー。同じシーンでも人によって考えてる事は違うし、そ...

評価: 4.0

読了日:2018/11/14

投稿日:2018/11/14

70年以上生きてきた桃子さんの自問自答による哲学。 語り口は何十年も封印してきた東北弁で、どうやら桃子さん自身、次から次へと湧いてくる自問を制御できていない様子。 しかし、問われたからには答えなければいけない。桃子さんは自身の半生を振り返りながら、理詰めて考える。 そして自身でも驚...

評価: 5.0

読了日:2018/11/10

投稿日:2018/11/11

売れないタレント丘えりこ(通称おかえり)。 唯一のレギュラー番組が打切りとなり暗澹としていた頃、旅好きが奏したのか旅行の代理をする世にも珍しい「旅屋」を始める事に。旅屋も慣れてきた頃、おかえりに待ち受けるものとは…。 原田マハさんお得意の大団円。性善説を絵に描いたような話なので、人によっては...

評価: 3.0

読了日:2018/11/10

投稿日:2018/11/10

プレゼント用だけど渡す前にこっそり読んだ本。 婚活を始めるまでの準備、初対面、回数を重ねていくデートなど段階ごとに様々な切り口で婚活方法が紹介されている。 当たり前だがコミュニケーションの所が多く、婚活中でなくても女性と話すのが苦手という人でもためになると思う。 挿絵も面白く、なか...

評価: 3.0

読了日:2018/11/10

投稿日:2018/11/10

前半は発達障害の特徴について、後半は仕事で起こりうるミスとその対応について書かれている。 少し思い当たる節があって読んでみた。 やはりそうだったか、という事や、こうすれば良かったのか、という事があり、ためになる本だった。 発達障害は本人が悪気がある訳ではないし、自覚もない事が多い。 ...

評価: 5.0

読了日:2018/11/04

投稿日:2018/11/04

夫を亡くし、ギフ(義父)と同居するテツコさん。 特に大きい事件が起こる訳ではなく、人が亡くなった後の周りの人達の日常・生活のお話。 各章が1人ずつの視点で完結しているが、たまに話が時系列がずれて重なったりしていて、そこがどこかリアリティを感じさせる内容だった。 この小説のテーマは何...

評価: 4.0

読了日:2018/11/03

投稿日:2018/11/03

存じ上げなかったのだが、カリスマ本屋店員さん(本人がこう呼ばれて本望なのかは不明)。 販売のみならず様々なイベントを手掛けたり、本屋大賞の実行委員を務めたりと精力的に活動している。 そんな彼女のコラムをまとめた本書。 彼女の性格が伝わってくる文章は癖になりそうな程面白いし、たまに出...

  • 1~10件 (全179件)

豚の確認さんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:豚の確認
本棚登録件数: 179 冊
レビュー件数: 179 件

自己紹介:
なぜ、自分は本を読むのだろう。
きっと、自分の知らない自分に会うためなのかもしれない。
と、偉そうに言ってみたものの、読書量はそんなに多くないです。

豚の確認さんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本  
本の所有:
持っている   持っていない