レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全68件)
たごさくさんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2018/07/13

投稿日:2018/07/13

著者は歴史家らしいが、歴史書というよりは人類史、あるいは人類史を通した様々な概念の相対化の試みといった感じ。どこかで聞いた話の寄せ集め感はあるが、人によっては新たな視点を得られると思う。

評価: 3.0

読了日:2018/06/26

投稿日:2018/06/26

歴史を振り返りながら固定観念を正そうという試み。 上巻では、産業革命以前も人類は生態系に大きな影響を与えていたとか、農耕は最大の詐欺だったとか。そこまでのインパクトはなかったけど、そんなに退屈せずに読めた。

評価: 5.0

読了日:2018/04/30

投稿日:2018/06/14

肉・魚・卵・牛乳、加工食品を避ける食事法。医食同源の科学的現代版。膨大なデータの前にひれ伏すしかない。

評価: 3.0

読了日:2018/04/28

投稿日:2018/04/28

これが前編で、食材別編が後編。長いし、結局何食えばいいの?ってなるから、家系的に特定の病気のリスクが高い場合に該当箇所を読むだけにして、後は食材別編だけ読めばいいと感じた。

評価: 5.0

読了日:2018/04/24

投稿日:2018/04/24

テクニックはよく聞くものが多いが、先延ばしを方程式にし、タイプ別に有効なテクニックを紹介しているところが新しい。読みやすく、エビデンスも豊富。

評価: 3.0

読了日:2018/04/08

投稿日:2018/04/08

つまらないせいか直訳調の翻訳のせいか、内容が頭に入ってきにくい本だった。 マインドフルネスで価値判断を離れ今ここを感じること、マインドフルネスは日常においても実践すべきことがダラダラ書かれている。8週間のプログラムは参考になると思うが、実践してみようと思えなかった。

評価: 4.0

読了日:2018/04/01

投稿日:2018/04/01

扱っているテーマは興味深いし、個々のエピソードはおもしろいけど、結局何が言いたいのかわからなかった。 そういうテーマなんだろうし、自分の読解力の問題もあるからもう一度流し読みしてみようと思う。

評価: 4.0

読了日:2018/03/24

投稿日:2018/03/24

内容は、表紙に書かれた「目標は、ばかばかしいぐらい小さくしろ」という言葉に集約される。情報量は少ない。ただ、「これならできそう」と思わせることには成功している。表紙がかわいい。

評価: 3.0

読了日:2018/03/21

投稿日:2018/03/21

目玉は第5章のオールシーズンズ戦略。シャープレシオが高く負ける年が少ない素晴らしいポートフォリオ。 ただ、ネット上の書評ですでに知っていたので学ぶことはなかった。 第4章までは多少投資の心得があれば当たり前の話が続く。自己啓発本の著者の暑苦しさも減点。

評価: 4.0

読了日:2018/02/24

投稿日:2018/02/24

結末はわかっていたけど悲しいお話。 下巻も特に終盤まで盛り上がりはなく、途中で中だるみしてちょっと眠くなった。 どこまで史実か気になったので、あとがきで調査について触れているのがよかった。

  • 1~10件 (全68件)

たごさくさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:たごさく
本棚登録件数: 68 冊
レビュー件数: 68 件

自己紹介:
気軽にコメントしてください。
評価=(どのくらい楽しめたか+どのくらい勉強になったか)÷(読むのに費やした時間+読み進めるのに感じた苦痛)
2016/03/07開始

たごさくさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本  
本の所有:
持っていない   持っている