レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全53件)
たごさくさんの読書レビュー一覧

評価: 3.0

読了日:2017/08/26

投稿日:2017/08/26

巻末に註解があるので本文は上巻より短く1日かからず読めた。が内容はいつも通りわかったようなわからないような。正規分布に問題があるのはわかった。ブラック・スワンが予想できないのもわかった。 まだ自分の投資手法を変えるほどには腑に落ちていない。

評価: 3.0

読了日:2017/08/25

投稿日:2017/08/25

『反脆弱性』読んでから読んだが、『反脆弱性』の半分近くの内容は『ブラック・スワン』に含まれていたことがわかった。『ブラック・スワン』の内容を前提にしたような記述も多いから理解しにくいところもあったと思う(それ以上に独特の文章によるところが大きいけど)。 Amazonのレビューに短く書けることを...

評価: 4.0

読了日:2017/08/16

投稿日:2017/08/16

時系列には反するが本書が主要書で『ブラックスワン』は補助的な作品である旨を著者が上巻で述べているが、取り扱う範囲は広く、反脆弱性という概念の適用範囲も広い。 一度読んだだけでは十分に理解できなかった。繰り返す読む価値があると感じるし、繰り返し読んでもいいかなと思える興味深さだった。

評価: 4.0

読了日:2017/08/12

投稿日:2017/08/12

『まぐれ』がよかったので読んだ。 反脆弱性自体は理解できた。例もいくつか挙げられていて、実際に適用するときのバーベル戦略も紹介されている。 上巻の後半は学校教育批判が中心。反知性主義に陥りやすそうな危険性はあるが、学校教育や大学での研究が主張ほどの成果をあげていないのは事実だろう。

評価: 3.0

読了日:2017/07/31

投稿日:2017/07/31

他の巻の対談でまだ続きそうな終わり方と言われていたが、確かにそんな感じ。 目的地に着いて盛り上がればいいけど、そんなに楽しんでなさそうでクライマックス感はない。ポルトガルは割と楽しんでそうで読むのも楽しかったけど。 旅嫌いが読んでも楽しめるか、旅に出たくなるかを確かめてみたくて読んだけど...

評価: 3.0

読了日:2017/07/29

投稿日:2017/07/29

半分惰性で読んでいる。1巻がやはり一番おもしろかったが、この巻はまあまあおもしろい人との出会いがあった。トルコは親日だし、魅力的な建物や風景もあった。

評価: 3.0

読了日:2017/07/26

投稿日:2017/07/26

バスでの移動の時間が長く、これまでの巻と比べるとやや単調。つまらなくはないが印象が薄い。 日本人夫妻との再開は走れメロス的なおもしろさがあった。

評価: 4.0

読了日:2017/07/22

投稿日:2017/07/22

意志力が筋肉のように疲労するが鍛えられるものであるというのは、近年よく言われているところ。 どうすれば意志力を疲労しないか、鍛えられるか、誘惑に負けないかという、人生への影響度の大きいテーマについて、最近の研究を、ジャーナリストが共著ということもあってか読みやすい読み物としてまとめてくれている...

評価: 3.0

読了日:2017/07/20

投稿日:2017/07/20

2巻のレビューに著者自身の評価の低い旅先だからか、読むのもおもしろくないというようなことを書いた。 3巻は著者も香港の時のように楽しんでおり、ここでのレビューも高評価だが、個人的には2巻と同じくらいな感じ。 インドよりネパールのが雰囲気が好きだった。なぜかネパール編だけですます調で書かれ...

評価: 3.0

読了日:2017/07/17

投稿日:2017/07/17

1巻と比べるとつまらないというレビューを見かけていたが、確かにそうだった。 その原因は、著者自身が1巻での旅行先ほど楽しんでいないからだろう。文面もどうしても辛口だったり暗い表現だったりが増えてしまう。 この巻の対談は高倉健とだが、抽象的な人生観的な話でそちらもいまいちだった。 と...

  • 1~10件 (全53件)

たごさくさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:たごさく
本棚登録件数: 53 冊
レビュー件数: 53 件

自己紹介:
気軽にコメントしてください。
評価=(どのくらい楽しめたか+どのくらい勉強になったか)÷(読むのに費やした時間+読み進めるのに感じた苦痛)
2016/03/07開始

たごさくさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本  
本の所有:
持っていない   持っている