レビューの並び替え:
一覧へ
  • 1件目(全55件)
失敗の本質

著者: 戸部良一

出版社:中央公論新社 (1991/07)

評価: 3.0

読了日: 2018/01/03

投稿日: 2018/01/03

日本軍の失敗に関する考察。

事例研究については後付けバイアスを強く感じる。

分析においては日本軍を痛烈に批判している。既によく言われている内容が多いが、もっともな指摘だと思う。ただ、日本軍は擁護できないレベルではあるが、批判の一部、特に隷下部隊にどの程度の裁量を与えるかについての指摘は恣意的であると感じた。

教訓は抽象的というか、「それができれば苦労しないよね」的な内容で残念。

本書を読んで仕事などにどう生かせるかを考えると、今の組織の状況は日本軍が抱えていたあの問題を孕んでいるなどと指摘できるようにはなるかもしれないが、ではどうすべきかとなると行動レベルのヒントは特に得られないのではと感じた。


    たごさくさんの読書レビュー 「失敗の本質」 | 読書ログ

    プロフィール
    ニックネーム:たごさく
    本棚登録件数: 55 冊
    レビュー件数: 55 件

    自己紹介:
    気軽にコメントしてください。
    評価=(どのくらい楽しめたか+どのくらい勉強になったか)÷(読むのに費やした時間+読み進めるのに感じた苦痛)
    2016/03/07開始

    たごさくさんの本棚
    マイ本棚をブログに設置
    絞り込み
    絞り込みを解除: すべての本を表示
    ステータス:
    読み終わった本  
    本の所有:
    持っていない   持っている