レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全25件)
たい♣さんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2018/08/17

投稿日:2018/08/17

米澤穂信先生の本にあった参考図書(折木ほーたろーの本棚)だったので買ってみた。 戦中戦後の社会情勢を交えたドキュメンタリーかと思ったら、ほとんど事実そのままだが、一応は小説らしい。堅苦しい感じで読破に時間がかかってしまった。 (社会という監獄で生きていく)人の一生とは何なのか、そこから脱出できて...

評価: 2.0

読了日:2018/07/29

投稿日:2018/07/29

我が地元の大名だし、私も城好きでもあるので、衝動買い。 淡々と語られる史実。 家康の館を独断で改装して気に入られた話もなく、いつの間にか家康のお気に入りということになっていた。兜がうさ耳になった話もなく、物足りない。築城名人と言われているが、それに関する記述も皆無。 高虎という武将の基本知識を...

評価: 4.0

読了日:2018/07/28

投稿日:2018/07/28

ヤバい。勝てるのか?!かなりヤバいじゃんこれ。

評価: 3.0

読了日:2018/07/27

投稿日:2018/07/27

本屋で帯買い「2020年の大河は明智光秀」。 4本の短編集。 「逆軍の旗」は明智光秀。ここで描かれる光秀像も抵抗なく自分の中にすっと入ってくる。とても印象的な描写がありました。 「二人の失踪人」、「上意改まる」は山形岩手あたりの江戸時代の話し。面白いかと聞かれるとイマイチだった。 「幻にあら...

評価: 4.0

読了日:2018/07/17

投稿日:2018/07/17

読みやすくてすぐ終わっちゃいました。マルチアングルな描き方は好きなので、どうリンクするのか楽しみでした。中盤、あまり盛り上がって来ないなぁとか思ってたけど、クライマックスではおもわず笑ってしまいました。それでいて感動させるのですから、さすが西加奈子や!って感じでした。 この本もオススメ。

評価: 5.0

読了日:2018/07/12

投稿日:2018/07/13

課題図書だったので、読みました。私が生まれる前の作品。 久々にちゃんとした文学に触れた気分。 物語はどの時代のどこの生活にも当てはまるでしょう。 砂と汗とかシャワーないとかもう、耐えられません。 確率1%の疾患を100集めても100%にはなりませんけどね笑 本当は評価4.5にしたいところで...

評価: 2.0

読了日:2018/07/10

投稿日:2018/07/11

「あなたは100回騙される」と言う帯に騙されて買いました。 この本はラノベ?なのか、読みやすいけど、軽い感じ。 「計画」も杜撰というか、必要のない煽りなんかもある気がするなあ。

評価: 4.0

読了日:2018/06/24

投稿日:2018/06/24

米澤穂信先生との対談中に話題にのぼっていたので買ってみた。 複数人の視点でひとつの事柄が異なる伝え方をされる技法は好きだ。面白い。 ネタバレするけど、 犯人がわからないままグレーで終わるのも、意外と良い。 現実と空想が交錯すると、分かりにくくなることが多いけど、恩田先...

評価: 4.0

読了日:2018/06/15

投稿日:2018/06/15

短編集だけど、どれも切り口が違って興味深い。それぞれの物語に登場するふたりの女性が、どんな対比の象徴になっているのか、あるいはいないのか、考えながら読んでたけど、どんどん読んじゃってそんなことも忘れちゃう。西加奈子先生の作品の中では、オススメな方に入ります。

評価: 4.0

読了日:2018/06/12

投稿日:2018/06/12

私の好きな米澤穂信先生と西加奈子先生、さらには吉田修一先生も参加していたので、読みました。中には学校が全然でてこない作品もありますが、どれも良い作品でした。本多孝好先生や辻村深月先生にも興味が湧いてきました。

  • 1~10件 (全25件)

たい♣さんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:たい♣
本棚登録件数: 290 冊
レビュー件数: 25 件

自己紹介:
おっさんです。気に入った作家の作品は、全て読破したくなる傾向があります。バッドエンドも好きです。最近は、綺麗な写真が載っている使わなくなったカレンダーを、ブックカバーに再生しています。意外と楽しい。

たい♣さんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読みたい本   読み終わった本  
読んでいる本  
本の所有:
持っていない   持っている