レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全41件)
たい♣さんの読書レビュー一覧

評価: 5.0

読了日:2019/01/11

投稿日:2019/01/11

何の予備知識もなく読み始め、ああ、いつもの西加奈子って感じやな、ちょっと飽きてきたかもなんて思いながら読んでいたけれど、あとがき、解説まで含めてひとつの作品として、涙した。 石巻市女川の漁港をモデルに書かれたこの作品を、書き終えたすぐ後に、東日本大震災があったとのこと。 西加奈子先生の作家として...

評価: 5.0

読了日:2018/12/28

投稿日:2018/12/29

いやあ、騙された。やられた〜って感じ。読み終わってすぐに読み返した。確かに不自然な表現はちょこちょこあったし、ヒントはいっぱい出てた。でも、予測できなかった。 はじめは、終盤までなんかあまり盛り上がってこないなーなんて思ってたのですが、そんな不満もチャラになるくらい、読み終わった後はスッキリし...

評価: 4.0

読了日:2018/12/22

投稿日:2018/12/23

6篇のお話し。 最初のお話しは、「短編 学校」にも収録済み。 男子高性2人が謎を解決して行く、純粋なミステリー小説といった印象。学生的、恋愛的、青春的要素の絡まないものかと思いきや、終盤に向かっていい感じで盛り上がって行く。 終わり方も、ちょっと自分好みの終わり方。 シリーズ化するんだろ...

評価: 4.0

読了日:2018/12/14

投稿日:2018/12/14

2018年11月課題図書、なかなか近所の書店に売ってなくてやっと見つけた。田舎だからね。でもやっぱり本屋で買いたい。 星新一先生の本は、中学生の時、当時あったものは読破したはず!懐かしい。もう30年前か?思い出してみると、小学生の時から本読んでたなぁ。 「電獣ヴァヴェリ」では電気が無くな...

評価: 2.0

読了日:2018/12/11

投稿日:2018/12/11

2017年5月の課題図書、「舞姫」を含む。 文体が読みにくい。自分にとっては英語の本を読むのと同じくらいの理解度だったと思う。晩年に書かれたらしい「普請中」だけは普通に読めた。 舞姫が妊娠したときの、豊太郎(主人公)の感想がもう、やべえ、妊娠しちゃったよ!俺、子供とか無理だよ!って感じに...

評価: 4.0

読了日:2018/12/03

投稿日:2018/12/03

本屋で衝動買いしたのだが、意外と当たりだった。 なぜだろう?すいすい読み進められた。先が気になって真夜中まで止まらなかった。 読み終わってみれば、話が盛り上がり始めてから終わるまでがやや短い気もするけど、変に引き延ばすよりよっぽど良いだろう。 内野聖陽さんで映画化していたらしいので、見てみ...

評価: 4.0

読了日:2018/11/14

投稿日:2018/11/17

その辺の医療ドラマなんかより、よっぽど(獣)医学的にしっかりしている(自分がそっち方面の仕事しているので、いつも気になるのだが)。 よく勉強されていて、かつファンタジー世界ととて上手に融合できているので、この作家さんは本当に凄い才能の持ち主だと思った。 さらには政治や宗教も絡み、これらがうまく物...

評価: 3.0

読了日:2018/10/31

投稿日:2018/10/31

2018年10月課題図書。 ほんわか日常系アニメのような雰囲気で、すいすい読み進められる。やわらかい空気を感じる。 しかし、かつての教え子を飲み屋で見かけたセンセイが、卒業アルバムを引っ張り出してツキコを確認して声をかけたところで、正直に言って「なんだか気持ち悪い」(ストーカーチック?)と思...

評価: 3.0

読了日:2018/10/22

投稿日:2018/10/22

同僚に薦められ、借りた2冊目。 同僚は先が気になって仕方がなかったと言っていたが…… 後半に期待。

評価: 3.0

読了日:2018/10/14

投稿日:2018/10/15

まだ1巻では面白くなってこない。続きに期待。 平易だが稚拙でない文章で好感。 付属の栞が登場人物一覧で、これすごく便利。 山葱を(やま)ネギではなくオギ、山犬をオッサムと読ませたり、ファンタジー世界構築に徹底してる。自分ならそこまで気が利かなそう。 さあ、2巻以降、面白くなるのか、楽しみ。

  • 1~10件 (全41件)

たい♣さんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:たい♣
本棚登録件数: 307 冊
レビュー件数: 41 件

自己紹介:
アラフォーパパです。アイコンは私の猫♂です。
気に入った作家の作品は、全て読破したくなる傾向がありますが、最近はその途中で飽きることも…。バッドエンドやオープンエンドも好きです。
最近の読書習慣のキッカケになったのが米澤穂信先生の作品だったので、いま好きなジャンルはミステリーですが、ハッとするような美しい日本語を見つけると嬉しいので、名作と呼ばれる文学作品にも積極的に手を伸ばして行こうとしています。理系ですので、基礎知識や読書経験が圧倒的に不足しており、それを補うのにこの読書ログとみなさんのレビューやコメントが役に立っていて、感謝しています。
最近は、綺麗な写真が載っている使わなくなったカレンダーを、ブックカバーに再生しています。

たい♣さんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読みたい本   読み終わった本  
読んでいる本  
本の所有:
持っていない   持っている