レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全10件)
乱読文庫さんの読書レビュー一覧

評価: 5.0

読了日:2015/11/20

投稿日:2015/11/21

一言で言えば、痛快でした。 それぞれの章は、この噂の女を観察し、情報収集する別々の人物の目線で語られています。 読者もこの情報で、噂の女がどういう人物か想像、推理しながら読み進める手順になっているようです。 よーするに、現実世界でもやってることを、本の世界で後ろめたく思う必要なくできる設定...

評価: 5.0

読了日:2015/11/10

投稿日:2015/11/10

生き物(昆虫、ネズミ、蛇も含む)大好きな人にオススメです。 きっと、ニヤニヤしたり、うなずいたりしながら楽しめると思います。 著者の文章も絶妙なのでとても読みやすく、飽きさせません。 シリーズなので、他の本も探して読むことにしました。

評価: 5.0

読了日:2015/10/16

投稿日:2015/10/17

現代日本の視点から言えば、「東洋の時代遅れの女性観」について解りやすく解説していると思います。ただし、世界の中で時代遅れかというとそうでもない。イスラム圏やインド他、女性を人間ではなく財産として扱うところもまだまだ、多いと聞きますし。日本人でも、男女問わず、結構いますよ。 ただし、この本は財産扱い...

評価: 5.0

読了日:2015/10/04

投稿日:2015/10/05

図書館で見かけたので借りてきました。 文章は簡潔で流れが良い、ホラーですが、思い浮かぶ情景はエロティックかつ美しい。 加えて、聊斎志異や今昔物語、ギリシャ神話、宇賀長者物語、信長記などに目を通していれば、かなり楽しいと思います。 私の楽しみ方は三つ。 最初は純粋にホラーや幻想系として読む...

評価: 2.0

読了日:2015/09/21

投稿日:2015/09/22

女性の心情や性格が細やかに描かれてない。 匂うような品のある色気を期待したが、中途半端な感じです。 「緊急連絡網」は異形コレクション 闇電話に掲載されていたので読んでいましたが、他の短篇は、初めてでした。 それぞれ物語の展開が丸見えで、オチも想像したとおりなのでもっと工夫があったら、私としては...

評価: 3.0

読了日:2015/09/14

投稿日:2015/09/14

「おにぎり、ちょうだい」のほうから順に読んでいきました。  ぽんぽこちゃん(狸娘)の可愛らしさと 白額虎(白虎)のまったり加減はとても面白いですが、剣劇ものにしては、戦闘描写が甘い感じがしますし、時代小説だとすれば、色々でてくる人物の奇抜さで人物像を固定、それぞれ違う人物なのに同じ人間に感じてきて...

評価: 4.0

読了日:2015/09/11

投稿日:2015/09/12

「ぶたぶた」というピンクのぶたのぬいぐるみが登場するシリーズの中の一冊です。 主人公はぶたぶたさんではありません。 ぶたぶたさんについては、詳しいことを教えたいですが、 ここで教えると楽しさが1/10になってしまいます。 ぶたぶたさんを読んでいない人にも読んで欲しいので秘密ということで。 ...

評価: 4.0

読了日:2015/09/10

投稿日:2015/09/10

暗殺集団「闇の者」、「さんじゅあん」らとの戦いが一応終結。 いつもながらの軽快なストーリー運び、今回は、主要レギュラーがオールキャスト。 シリーズを続けて読んでいれば、思わず笑ったりなんかも・・。 ただし、この巻だけ読んでも魅力は半減するでしょう。 出来れば、シリーズ読破でこの「うつろ舟」を...

評価: 3.0

読了日:2015/09/07

投稿日:2015/09/07

昭和55年頃の出版で、内容も古いと思われるかもしれないが、なかなかどうして、今現在とちょっと違う架空の現在がこの本の中にあるようです。

評価: 5.0

読了日:2015/09/06

投稿日:2015/09/06

今昔物語の中から16話が杉本流現代語訳で書かれてます。 現代の私たちと同じ感情をもつ様々な登場人物に思わず感情移入してしまいました。 この本は秀逸です。

  • 1~10件 (全10件)

乱読文庫さんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:乱読文庫
本棚登録件数: 174 冊
レビュー件数: 10 件

自己紹介:
活字中毒です。
ジャンル問わず活字があれば読んでしまいます。

乱読文庫さんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
本の所有:
持っている   持っていない