レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全1230件)
tomolibさんの読書レビュー一覧

評価: 3.0

読了日:2018/12/15

投稿日:2018/12/15

書店お仕事小説。ビブリオバトルに勝てる本か…何だろうな。参考・引用文献リストつけてほしかった。

評価: 3.0

読了日:2018/12/15

投稿日:2018/12/15

一番身近な店であるコンビニの裏側とかあるあるがあって面白い。コンビニ強盗まではなくても万引きは多そうだし、シフトのやりくりでブラックな店舗もあるのだろう。謎解きは面白かったけど最後のこじらせ男子はちょっと辟易。

評価: 4.0

読了日:2018/12/14

投稿日:2018/12/14

自作のあとがきシリーズが興味深い。また読み返したくなった。雑誌にエッセイを寄稿してるのが意外。断れない場合もあったらしいが、掲載誌が独特で面白かった。

評価: 3.0

読了日:2018/12/13

投稿日:2018/12/13

シリーズと知っていたが新装されたこの文庫から読むことにした。法医学者たちの日常がわかって興味深い。猟奇殺人による遺体の見立て描写が想像できないが、できたら怖いか…。

評価: 3.0

読了日:2018/12/12

投稿日:2018/12/12

都市伝説を調査する二ノ丸君が常にクールで素敵。しかし都市伝説が本物だったときに起こる怪異が本気で怖いし、助けられずに終わるところが不安を増幅させる。

評価: 3.0

読了日:2018/12/12

投稿日:2018/12/12

妖怪が人間世界で働く設定が面白いのは変わってないが、社長はこんなにこじらせたドSだったっけ?ニヤニヤを通りすぎてドン引きだがいい具合に豆大福の突っ込みが入るのでバランスがぎりぎりとれてる気がする。

評価: 3.0

読了日:2018/12/09

投稿日:2018/12/12

レトロゲームを移植するお仕事小説。能力は高いのに世渡り下手なコーギーの過去が引くほどワイルドでびっくり。不登校少年がレトロゲーム喫茶店でおじさんと一緒にゲームしてるのもそれはそれでありかな。

評価: 3.0

読了日:2018/12/09

投稿日:2018/12/09

最後の彼女の言動から、もしかしてこれってシリーズものだったのかしらと気づいた。タイトルから察せられる通りの不愉快な同窓会。いろいろあって、結局誰が黒幕かってこと。この感じの不愉快さなら前作は読まなくてもよさそう。

評価: 4.0

読了日:2018/12/09

投稿日:2018/12/09

『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』が面白かったので今回も期待して読んだ。今回はAIに学習させるのではなく指示の与えかたがポイント。始めのうちは通じないのが当たり前の命令ばかりだったけど、だんだん効果的な指示を出して人形を使いこなせるようになるのが面白い。AI方面だけでなく、少年の成長物語の...

評価: 3.0

読了日:2018/12/08

投稿日:2018/12/08

呪いに病名をつけて解決したと安心したところからが事件の本番。成瀬が外された後の関わりかたが好き。

  • 1~10件 (全1230件)

tomolibさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:tomolib
本棚登録件数: 1235 冊
レビュー件数: 1231 件

自己紹介:
図書館ユーザー。2016年1月から記録開始。

tomolibさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本  
本の所有:
持っていない   持っている