レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全622件)
tomolibさんの読書レビュー一覧

評価: 4.0

読了日:2017/06/27

投稿日:2017/06/27

東京會舘を知らなかったが、各時代・各部署のプロの仕事ぶりは素晴らしかったのだろうと想像できる。震災や戦争を経てもスペシャルな場所、ハレの場所であり続けたことがよくわかった。

評価: 3.0

読了日:2017/06/25

投稿日:2017/06/25

下北の実家暮らしのフリーター長男。父親は単身赴任で母親と三姉妹と共に暮らしている。居心地よすぎて抜け出せない。逆にそれが怖くて早く抜け出そうとする。家族でもいろいろ。同じ下北のフリーターでも、役者や芸人を目指してる若者と違って、後々家が自分のものになる長男ってとこでのんびりしてる感じ。

評価: 3.0

読了日:2017/06/24

投稿日:2017/06/24

冤罪による死刑執行をとめる正義の役割のはずが…。後味悪かった。

評価: 2.0

読了日:2017/06/24

投稿日:2017/06/24

乱歩の人間椅子を意識してしまうのは狙い?彗斗と杏の関係は好きだけど、小説と現実が混ざったようなMIDORIのパートが好きになれないし、人の嫌なとこが満載。

評価: 3.0

読了日:2017/06/23

投稿日:2017/06/23

淀川のほうがだいぶまっとうになってきたのでは?ビクビクするこずえを猫の警戒心に例えるところが面白い。

評価: 4.0

読了日:2017/06/22

投稿日:2017/06/22

終盤で急に物騒になって、そこからの展開と新事実に驚くばかり。しかしもう誰が誰やらな感じで、シリーズのどこから読み直せばいいのか…。こうなるとさすがに電子書籍に手を出したくなる。

評価: 3.0

読了日:2017/06/22

投稿日:2017/06/22

ミステリ作品とキャラクタの紹介エッセイ。怪盗ニックシリーズが読んでみたくなった。自分も小学生の時にホームズ・ルパン・乱歩を読んでいた。好きだったのはルパンかなぁ。ホームズはアレンジされたテレビドラマが多いのにルパンは三世くらい?怪盗は胡散臭くなってしまうからかしら。大路浩実さんの各回のイラストが深く...

評価: 3.0

読了日:2017/06/21

投稿日:2017/06/21

子供たちが霊感を分担しているどたばた感はかわいらしいけれど、裏の顔を持つ大人たちの出番が少ないのが残念。

評価: 3.0

読了日:2017/06/21

投稿日:2017/06/21

各館の工夫は興味深い。図書館システム100連発もぜひ!

評価: 3.0

読了日:2017/06/20

投稿日:2017/06/20

そりゃないよ、と言いたくなる展開だったけどそもそも失覚の病の時点で荒唐無稽だったので、最後にたたみかけてきた感じ。そして最後まで三田村の容姿のイメージのギャップが埋まらなかった。

  • 1~10件 (全622件)

tomolibさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:tomolib
本棚登録件数: 626 冊
レビュー件数: 623 件

自己紹介:
図書館ユーザー。2016年1月から記録開始。

tomolibさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本  
本の所有:
持っていない   持っている