レビューの並び替え:
  • 1~10件 (全28件)
uspnさんの読書レビュー一覧

評価: 3.0

読了日:2013/09/15

投稿日:2013/09/15

こうゆう内容はあまり好みではないので、読み返さなくていいようにしっかり読んだ・・・つもりだったのに、最後まで読んだあとどうしても1,2に戻ってしまいました。 先に続編を読んでしまっていたので、特にモヤモヤとかせずに済んでよかったです。 みなさんも書いていますけど、読んでいてちょっと辛くな...

評価: 3.0

読了日:2013/06/15

投稿日:2013/06/15

人生に悩んでいる(なにか現状に納得していない)4人の女性を主人公にした短編集です。 それぞれきれいに終わっているし、期待を裏切らないハッピーエンドです。 「キリギリスは笑えない」 長野に住む女子高生があるきっかけでモデルを目指し上京するお話 「アラ・モアナの通り雨」 サーフィンが好...

評価: 4.0

読了日:2013/06/09

投稿日:2013/06/09

死刑判決を言い渡され執行を待つ状態の樹原亮。 そんな彼が冤罪である可能性が出てきた。 その証拠を見つけるために、 ある人物の依頼を受けた杉浦弁護士が、看守長だった南郷正二に調査を頼む。 出所したばかりの三上純一を誘い、南郷は事件のあった土地を訪れ2人で証拠を探しだす。 もし冤罪の証拠を...

評価: 3.0

読了日:2013/03/11

投稿日:2013/03/12

ちょっと詳しい説明書みたい。で、ちょっと物足りないです。

評価: 4.0

読了日:2012/10/28

投稿日:2012/10/28

新訳が出た時ばっかりの時に内容を特に知らずに借り、読みました。 ユダヤ人迫害のことだとは書かれていなく、最後の方にちょっと出てきて、 あ、そのことだったんだ…と本にも、気付かなかった自分にも驚いた覚えがあります。 最近テレビの番組で見る機会があり、部分的に印象にのこった箇所しか覚えてなかっ...

評価: 3.0

読了日:2012/09/16

投稿日:2012/09/16

おちかは、ある事件をきっかけに実家にいられなくり 叔父の家「三島屋」に奉公人として身を寄せている。 ある日、急遽出かけなければならなくなった叔父夫婦の代わりに客人の相手をすることとなるおちか。 その時に、客人から不思議な話を聞かされる。 それを、聞かされたのではなく、聞き出したのだと...

評価: 4.0

読了日:2012/09/08

投稿日:2012/09/08

「我らが隣人の犯罪」 都心から電車で30分ほどのタウンハウスへ引っ越してきた三田村一家 しかし、隣の家のスピッツの鳴き声に悩まされ快適な日々とはかけ離れた生活を送ることに。 我慢も限界に来た三田村家の中学一年生の長男、三田村誠と叔父の毅彦が家族には内緒でスピッツの誘拐を企て、実行する。 とこ...

評価: 3.0

読了日:2012/09/04

投稿日:2012/09/04

解説で角田光代さんも書いてるんですが、最初にガールフレンド目線で入ってしまったので小鳥ちゃんが好きになれず、 うーーーん。とゆう感じでした。 読んでて小鳥のわがままな感じと世話をするぼくの関係が、星の王子様とバラに思えてきてしまい・・ますますガールフレンドがかわいそうになってしまいました。 ...

評価: 5.0

読了日:2012/08/26

投稿日:2012/08/26

夏休みを霧の谷で過ごすようお父さんに言われたリナ。 下宿先の「働かざるもの食うべからず」の決まりに従い泊まる代わりに働きに出ることになる。 霧の谷のいろいろなお店に行って毎日働いて、リナが成長していくお話。 有名ですが「千と千尋の神隠し」の発想のきっかけになった作品です。 働かなければい...

評価: 4.0

読了日:2012/08/25

投稿日:2012/08/25

気付いたら幽霊になっていた「わたし」。 少しずつ家族のことを思い出していくけれど、自分が誰だか、なんで幽霊なのかはわからない。 4人姉妹のうちカート、イモジェン、フェネラの3人は家にいる・・とゆうことは、わたしは残る1人のサリー。 しかし、サリーも生きていて友達の家に泊まりに行っていただけだっ...

  • 1~10件 (全28件)

uspnさんの読書レビュー | 読書ログ

プロフィール
ニックネーム:uspn
本棚登録件数: 218 冊
レビュー件数: 28 件
uspnさんの本棚
マイ本棚をブログに設置
絞り込み
絞り込みを解除: すべての本を表示
ステータス:
読み終わった本   読みたい本  
読んでいる本  
本の所有:
持っていない   持っている