こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


みんなのコメント

このページでは「いいね!」されているコメンテーター、そして最近コメントが追加されたレビューをご紹介しています。
気になるレビューにコメントを書いたり、「いいね!」をしてみましょう。
すでに読んだ本を見つけたらマイ本棚に登録し、レビューや評価を登録してみませんか。
会員登録をしてレビューやコメントを書いたり、「いいね!」をしましょう。
登録はこちら

いいね!されているコメンテーターランキング

昨日までの1週間にコメントにいいね!された数のランキングです。
1日1回更新されます。

新しくコメントされたレビュー

    著者: 秋乃かかし森倉円裂田

    • 評価: 3.0

      Kindle Unlimitedで読了。

      結構楽しみに取っておいたのだけど、読んでみたら普通だった😅

      もうちょい絵柄が合うかな?と思ったんだけど、結局読み終わるまで合わなかった💦

      主人公の農家の青年と異世界から飛ばされてきたお姫様の会話が終始合わないのもちょっとイライラしたし、何かこう、終始合わなかったんだよね😅💧

      2巻も読み放題なのだけど、今はいいかな。
      主人公の腐れ縁の女性キャラは気になるけれども(´ε` )

      やっぱり読んでみないとわかりませんな。


      今回も勉強になりましたm(_ _)m
      >> 続きを読む

      2022/01/18 by

      俺んちに来た女騎士と田舎暮らしすることになった件(1) (アース・スターコミックス)」のレビュー

    • 楽しみにしてたのに…・゚・(ノД`)・゚・。←ってあるあるですね。

      私も評判のいい漫画を読んで
      あれ?これってなんで評価高いの?って思うことがありますよ
      その時は、私には合わないんだな、と。
      っこればっかりは好みも問題もあるし
      ただ私の場合、年齢もあるのかな?σ(^∇^;)ははー
      >> 続きを読む

      2022/01/21 by あんコ

    • あんコさん

      ですよねー( ´-ω-)σ
      自分もかなり温めて熟成させて、今だ!と思って読んでみたら…

      この作品もやはり密林で評価がかなり高くて、そちらも意識しながら読んだのですが、こちらもやはりあんコさんが仰る通り合う合わないあるんだな〜と改めて思いましたね(^◇^;)

      やっぱり年齢も関係してくるんですかね〜?
      自分も年齢重ねて、昔面白い!と感じた作品とか、今はうーん( ・᷄ὢ・᷅ )と思うようになって来たので(;^_^A

      今は、セリフとか地の文が多い作品は結構読むのキツくなって来ています💦💦
      (それこそ昔は、セリフ量が多ければ多いほど燃えたんですけどね〜笑笑)
      >> 続きを読む

      2022/01/21 by 澄美空

    著者: 盆ノ木 至

    • 評価: 2.0

      アニメを4話くらいまで観ていて、ギャグのセンスとテンポの良さが面白くて原作がKindle Unlimitedで読み放題だったので、まずは1巻を読んでみました…

      …アニメの出来ってすんごく良いんですね(;´∀`)

      原作はなんというか、セリフ量が多くて(だからこそあのテンポの良さと面白さに繋がるのでしょうが💦)かつ結構難しい言葉とかも使われていて、自分の読むスピードとテンポでは、あの面白さを再現できなくて(;^_^A

      声優さんが演じられるからこそのあのテンポと心地良さだったんだな、と今回読んでみて改めて思い知らされました(^◇^;)

      この作品は、アニメで楽しんだ方が自分的には良さそうです😅

      こういうのもやっぱり読んでみないとわかりませんね😭💦

      2作連続で勉強になる読書が出来ました(ノ_ _)ノ
      >> 続きを読む

      2022/01/18 by

      吸血鬼すぐ死ぬ(1)(少年チャンピオン・コミックス)」のレビュー

    • 私もチラチラアニメ観てますよ~。
      なるほど…
      アニメの方が面白い!ってありますもんね >> 続きを読む

      2022/01/21 by あんコ

    • あんコさん

      そうなんですね!
      自分もチラチラと観てます(^^)

      そうなんですよ(´;ω;`)
      自分的には、アニメの方が合っていました(´▽`) '` '` '`

      改めて声優さんの演技ってすごいんだなぁと感じています(´∇`)
      >> 続きを読む

      2022/01/21 by 澄美空

    著者: 青柳碧人

    • 評価: 3.0

      第1弾を読んでいたので第2弾も…
      前回よく考えたもんだ!!w(*゚o゚*)wと、思ったけど
      今回もよく考えたもんだ!!と。…
      昔話をモチーフにしてるので
      あの話がこんな感じになるんだ~とサクサク読める
      今回はかぐや姫がもたらした職業"探偵"にちなんだ
      "探偵もの"5話。






      ◆竹取探偵物語
      竹とりのシゲとシゲの子分のヤス。
      シゲが光る竹を切ると中から女の子が…
      かぐやと名付けた女の子はまたたく間に大きく美しく成長し
      そしてやぐやと結婚したいという青
      年たちが現れるのはお約束(笑)
      ただやぐやはある目的があり。
      青年たちに難題を吹っ掛けその1年後、
      青年たちに会う予定の日に
      ヤスの家が火事に…
      しかしそれは密室殺人だった…Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)


      ◆七回目のおむすびころりん
      隣の米八じいさんがおむすびと一緒に坂を転げ落ち
      ねずみの穴に落ちて宝の袋を手に入れた。と
      それを知った欲張りの惣七じいさん、自分もと
      おむすびと一緒にねずみの穴へ…
      焦り過ぎた惣七じいさん下手を打つが釣鐘の音とともに
      気が付けば元居た場所へ…
      あれれ?と思いながらも、
      もう一度おむすびと一緒にねずみの穴へ…
      しかし今度は殺鼠事件が起こり巻き込まれてしまう
      謎を解こうとするたびに起こるある現象とその結末

      ◆わらしべ多重殺人
      違う人間に三度殺された八衛門と
      観音様のお告げを信じ
      交換できる時に何でも交換してきた半太



      ◆真相・猿蟹合戦
      巷で広まってる猿蟹合戦の真相を
      猿の栃丸から聞いた狸の茶太郎
      噂と違う事実に茶太郎は驚くが
      なぜ栃丸はその事実を知っているのか?
      なぜ自分に真相を告げるのか?
      栃丸にはある目的があり
      その協力者として茶太郎の様子を探っていた


      ◆猿六とぶんぶく交換犯罪
      真相・猿蟹合戦から続く話
      赤尻平のボス・猩々翁のお気に入りの猿・南天丸が殺された
      この南天丸は非常に狡賢く他の者から嫌われていたが
      ボスのお気に入りということで匿われていた
      赤尻平の猿にはみなアリバイがあり
      ここで狸の茶太郎が疑われる…
      旅の猿がここである推理をするが、その推理とは?




      『竹取探偵物語』そういう目的で来たの?と思い
      『七回目のおむすびころりん』では多重ループに驚き
      『わらしべ多重殺人』の真相にやられた!!と思った。
      『真相・猿蟹合戦』なかなかの真相に交換犯罪に至る経緯と
      『猿六とぶんぶく交換犯罪』猿知恵って侮れないな…と。
      >> 続きを読む

      2022/01/17 by

      むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。」のレビュー

    • 自分も今、赤ずきん、旅の途中で死体と出会う読んでます‼️
      ほんとに目の付け所が斬新だし、昔話をこれだけのミステリ作品に仕立て上げるのも凄いですよね( ´>▽<` )ゞ

      赤ずきんに関しては、赤ずきんの名探偵ぶりに毎回舌を巻いていますよ((φ(>ω<*)
      >> 続きを読む

      2022/01/17 by 澄美空

    • 澄美空さん。

      赤ずきんちゃんはまだ読んでないので
      そのうち読んでみますね!(b^ー°)

      今回の日本昔ばなしも斬新ですよ
      ラスト2話は話がまたがってスケールが大きいです
      でも私が好きなのは
      『七回目のおむすびころりん』と
      『わらしべ多重殺人』なんですけどね(笑)
      >> 続きを読む

      2022/01/20 by あんコ

    著者: 米澤 穂信

    • 評価: 4.0

      著者が様々な本を紹介する本。
      主にミステリー。
      一部対談もあり。

      本好きにはたまらない。
      ミステリーに詳しい人はもっといい。
      自分はミステリーは詳しくないけど北村薫が好きなので楽しめた。
      そして朝井リョウとの対談もとてもいい。

      色んな本を読みたくなった。
      >> 続きを読む

      2022/01/19 by

      米澤屋書店」のレビュー

    • 米澤さん、直木賞受賞されましたね!
      自分も、たくさん米澤さんの作品は読んできているので、この本も興味深くレビュー拝見させて頂きました(^^)/

      受賞された「黒牢城」も何れ絶対読んでみたいと思っています(*^^*)
      >> 続きを読む

      2022/01/19 by 澄美空

    • コメントありがとうございます!
      直木賞受賞されましたね!

      私も「黒牢城」は遅かれ早かれチェックします! >> 続きを読む

      2022/01/20 by W_W

    著者: ヒューム,ピーター

    • 評価: 3.0

      【知っているようで、知らないようで……】
       図鑑なのであります。
       世界の文豪を集めた図鑑なんですが、まあ、ビジュアルなミニ伝記集というところでしょうか。
       豪華な大判の本で、それはそれで良いのですが、ちょっと重かった(いや、物理的に)。

       表紙は見えますかね。
       このうち何人ご存知ですか?
       夏目漱石は分かるとして、その他に知っている方いらっしゃいますか?

       各作家ごとに項目を立てており、必ず肖像画か肖像写真が添えられているのですが、名前は知っていたもののご尊顔を初めて拝見したという方もおり、結構イメージと違っていた人もいました。
       例えば、ジェイン・オースティンって可愛らしいのね(肖像画なんですけれど)。
       はたまた、ホルヘ・ルイス・ボルヘスって結構男前じゃないですか(20歳の時の写真が載ってるんだわ)。
       
       そんな興味も抱きつつページをめくっていくわけですが、まあまあ知っている方が多いかなという感じではありますが、知っていることは知っているけれど作品は読んでいないという方も結構おります。
       一方で、まったく知らないという方もいて、何ともお恥ずかしい話でございます。
       詩人は壊滅的にダメですね。
       私、詩はほとんど読まないからなぁ。

       あと、当たり前かもしれませんが、時代が新しくなるに連れて知らない人が増えてくる。
       それでも知っている人が出てくると(特にその人の作品を読んでいたりすると)嬉しいものです。

       もちろん、著名作家なのだけれど、本書には漏れてしまっている作家も沢山います。
       いや、私この人好きなんだけれどな~という方で取り上げられなかった方が大勢いるわけですね。
       ちょっと残念に思いながらも、まあ、ここは知る人ぞ知るっていうことで……とマニアックな喜びを感じていたり。

       基本的に純文学の作家がほとんどなわけですが、何と!ミステリからも一人選ばれていましたよ。
       まあ、ポオは除くとして、あと一人って誰だ?
       答は……レイモンド・チャンドラーでした。
       え゛~!!という声が聞こえてきそうではありますが、まあ、チャンドラーもね、選ばれる資格は十分あるわけですし。

       本書を通読してみて、まだまだ読まなければならない作家さんが沢山いるな~と改めて思いましたとさ。


      読了時間メーター
      □□□□    むむっ(数日必要、概ね3~4日位)
      >> 続きを読む

      2022/01/18 by

      図鑑 世界の文学者」のレビュー

    • 上段真ん中の男性は分かりませんね。
      ほかはたぶん、大丈夫ではないかと。

      2022/01/18 by 弁護士K

    著者: 辻村深月

    • 評価: 5.0

      感動した!

      すごい作品だった。

      ストーリー設定がすごい。

      ネタバレしたくないので割愛しますが、

      それな、、、正解!

      ここまで練り込んだ
      設定だったとは・・・


      設定は映画でも、

      感情はリアルだった。



      漫画もあるらしい。。。


      ってか遅れましたが、!


      今年も皆さま宜しくお願いします!




      今年も素敵な読書な年にしていきます!行きましょう!ね!
      >> 続きを読む

      2022/01/15 by

      かがみの孤城」のレビュー

    • こんにちは☀️😊
      今年もよろしくお願いいたします(ノ≧ڡ≦)☆

      この作品は方々で人気ですよね!!
      実は自分この作品のコミカライズの1巻読みました(●´ω`●)
      原作は未読なのですが、コミカライズも良い感じで、レビュー拝見させていただいてコミカライズの2巻以降読みたくなって来ました\(^^)/

      自分もジュディスさん同様楽しい読書ライフを今年は更に満喫していきたいな〜と思います( ´>▽<` )ゞ

      ちなみにまたオミクロン株なるものが流行りだして、国中混乱の極地になりかけていますが、しっかりと今まで通り感染予防対策をしてかつ免疫力を面白い本を読んだり美味しいものを食べたりして上げていって、このウイルスに負けないようにお互い身体と心に留意、注意して毎日すごしていきたいな!と思います(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

      まだまだ寒い日が続いているので、お仕事なども無理せず頑張ってくださいね〜🙌🙌
      >> 続きを読む

      2022/01/15 by 澄美空

    • こちらこそ今年もよろしくお願いします!

      前々から話題作に気になっていたのに、また今度また今度って感じで未読してました。。。

      自分も読んでいて、こんな空想世界を子供の頃にはしていたのに、リアルに現実に揉まれまくってるうちに、冷めた大人になっていた時期もあったと思ってますが、こういう読書体験を通じて、そんな忘れていた、むしろ忘れてはいけないそんなピュアな気持ちを掘り起こしてくれるこの作品やら小説読書。

      澄美空さんの楽しみながらされている読書ライフを自分も!と日々たのしく読書を今年も続けていこうとあらためて思いました。

      オミクロン株。ほんと勘弁してほしいと思うし、澄美空さんの感染予防の精神を自分も実践していこうと思っております。

      そんなこんなで、そんな日々を送る私達は幸せだな~って思ってもおります。

      その理由は、こういうコミュニケーション、読書時間って空間にこそ、日々の時間のなかにある、ピュアな大切な時間、空間、大人になっても忘れてはいけない感覚なんだと思うからです。

      いつも私の体を気遣って下さりありがとうございます。

      澄美空さんにとっての今年の一年の幸せと此方から祈っております!

      >> 続きを読む

      2022/01/15 by ジュディス

    角川グループパブリッシング (2010/06)

    著者: 東野圭吾

    • 評価: 4.0

      秋葉は確かに深キョンだ…‼️

      東野圭吾さんの作品は基本的に外れない。これが自分の中の持論であり経験則でした。まあ、その持論が曲がることは無かったのですが、たまにはこういう風に、ふーんで終わる作品もあるんだな、と読後思ったのは事実ではありますね。

      他の東野圭吾さんの作品のレビューでも書きましたが、如何せん途中、中盤までは退屈で、何度読むのを止めようかと思いながらの読書でして、かと言って話が核心に触れてきてからも、今回はそこまでの感動や震えが無くて、先にも書いた通り、ふーんで終わってしまい、なんとも言えない読後感で今このレビューを書いてる次第です😅

      内容的には、やっぱり不倫はお互い幸せになれないし、倫理的にも人道的にも良くないな、と改めて読んで思いました。
      よく恋は盲目だ、と言いますがほんとにこの作品の渡部は、盲目的に秋葉を求めて視野が狭まり正常な判断ができなくなっているなーと。今有る幸せを壊してでも不倫相手と一緒になりたい、と思わせてしまうその恋という感情がとにかく怖いな〜とも思いました。

      まああとは、結局女性の方が大人でしっかりしているんだなぁと。男はやっぱり単純でバカなんだなあとも改めて思いましたね。まあ、その単純でバカな人種が自分なんですけどね(^_^;)

      この作品は映画化もされていますし、冒頭でも書いた通り秋葉は深キョンしか居ないなあと思います。なんなら東野圭吾さん、深キョンで当て書きしてない?と思うくらい深キョンが喋っているような描写が多かったので、ちょっとそういう風に勘ぐってしまったりもしなかったりラジバンダリでしたね(笑)

      ちなみに渡部は岸谷五朗では無いですね〜( ̄▽ ̄;)

      あと、巻末の新谷の話は面白いというよりかは、男にとっての教則本的な意味合いがあるような気もしたりしなかったりラジバンダリでしたよねぇ(〜 ̄▽ ̄)〜

      とりあえず次は軽いものを読みたいですね(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑


      今回は良い読書は出来ました?笑
      >> 続きを読む

      2022/01/08 by

      夜明けの街で」のレビュー

    • 澄美空さん。

      本って全てが面白いわけじゃなく
      ごく稀に『これがあるから止められない!!』ってくらい
      面白い本に当たる事ありますよね~
      安定の面白いシリーズもあるんだけど
      その”ごく稀に”…を求めて読んでる部分もあります!(b^ー°)

      >> 続きを読む

      2022/01/13 by あんコ

    • あんコさん

      ほんとに仰る通りです(( *ˊᗜˋ* )ゞデス!!
      自分もその当たりを引くために日々本を貪り読んでいるのかな!?とコメント拝見させていただいて思いましたd(´>؂∂`)☆

      やっぱり本は読んで損は無いし、乱読でも多読でも途中でやめてまた違う本読み始めてもなんら問題はナッシングだし、誰にも何も言われる筋合いもないんですよね!!

      アニメとかドラマとかも、途中まで観てまた違う作品や新しいクールのもの見始めたりしますからね(●´ω`●)

      なんか少しモヤモヤが軽くなった気がします✌️😁
      ありがとうございます😊
      >> 続きを読む

      2022/01/15 by 澄美空

    著者: オノ・ナツメ

    • 評価: 3.0

      平均年齢70歳の男4人。
      半自給自足生活で定年後の田舎暮らしを楽しむ
      「大将」「キザ」「ドク」「教授」。
      田舎ならではのスローライフを満喫してるところに
      突如現れた元女優(中高年)の美女。
      一人旅の途中に立ち寄りここに住むと決めた、と。
      あれよあれよという間に住む準備を進め
      お嬢とあだ名をつけてもらう。

      このお嬢、皆には秘密ね。と、
      身の上話をキザと大将にするが
      この身の上話の内容が……!? 

      男の中に女が1人だからなぁ…
      男たちの楽園に何かが起る予感。

      この話がどう転がっていくのか?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

      雰囲気満載
      >> 続きを読む

      2022/01/08 by

      僕らが恋をしたのは(1) (Kissコミックス)」のレビュー

    • あのオノ・ナツメ先生がラブコメ!?
      それも中高年をメインにщ(☆▽☆щ )

      これは期待大ですネ( •̀ω•́ゞ)✧ビシッ!!

      あ〜またACCA読みたくなってきたーキタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━!!!!!
      >> 続きを読む

      2022/01/09 by 澄美空

    • 澄美空さん。

      ラブコメになるのか?
      それともシリアス展開になるのか?
      中高年がメインなので大人の話にはなると思うんだけど
      雰囲気満載
      オノさん雰囲気作り上手です(´ー`*)ウンウン

      ACCAも面白かったよね!(b^ー°)
      >> 続きを読む

      2022/01/10 by あんコ

    角川グループパブリッシング (2009/06)

    著者: 有川浩

    • 評価: 3.0

      このタイトルだと明らかに専門書コーナーに置かれそうな本だが、中身はちゃんと小説であり、野草や野花などの知識が大量にある。

      さやかの住んでるマンションの前で行き倒れていたイツキ。
      住ませてやる代わりに家事などを担当すること条件に、2人の居候生活が始まる。

      その居候だが、イツキは植物の知識が豊富で、出てくるご飯には山菜がいつも入っている。
      そこでさやかは休みの日に野草採りに出かけるのが日常に。

      しっかりと植物の種類が描かれており、料理のレシピも載っている。

      有川さんが後書きで書いているように、少女漫画のような世界を文章化したらこうなったような一例。
      だから女性は楽しめると思うけど、男からしたら話的には退屈な部分も。
      とはいえ調理の部分は興味深く読めた。
      >> 続きを読む

      2022/01/09 by

      植物図鑑」のレビュー

    • 只今、3度目の再読中ですっ🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥

      仰る通り最初から最後までキュン死に必至の少女漫画でしたね(笑)
      自分、好きっすd(´>؂∂`)☆

      …年始からこんなコメントですみません😭💦
      >> 続きを読む

      2022/01/09 by 澄美空

    • 少女漫画丸出しの中身でしたね(笑)

      女性の理想を描いたような作りですけど、決して嫌悪するような感じではなくて、植物を使っての料理がいいアクセントになってますよね🤭 >> 続きを読む

      2022/01/10 by オーウェン

    明治剣客浪漫譚

    集英社 (1994/08)

    著者: 和月伸宏

    • 評価: 4.0

      お久しぶりですございますm(*_ _)m
      色々あってなかなかこちらに入って来れませんで。
      本はちょこちょこと読んでいたのですが😅

      で、ようやくレビューが書けるようになりまして、今回あげるのがこちらのるろうに剣心の第1巻ですっ!

      名作中の名作なので自分の拙いあらすじを書くよりかは、他の方達のレビューを読まれた方が何百倍わかりやすいと思うので自分は割愛させていただきます😉

      アニメがちょうど自分が小学生の時に始まりまして、周りはみんな夢中になって観ていましたが、自分はその時間プロ野球中継を父と叔父2人が家に3台あるテレビを独占し、アニメ観たい!と言うと、何故だ?ダメだ!と毎回突っぱねられ殆ど観れたことが無くかつ原作というか子供の頃は漫画なども殆ど読んだことが無く、内容ほぼ知らないんですよね。
      それで、今回原作をあるきっかけで全巻買ってみよう!と思い、昨日ようやく届いたので早速読んでみました\(^^)/

      いやぁ、セリフ量がかなり多くて最初は難儀しましたが、ぐいぐいと読ませる辺りは流石だな!と思いながらの読了に相成りました(*^^*)

      剣心もかっこいいし薫がとにかく可愛い!弥彦に斬左などのキャラも良いですよね('∇^d) ナイス☆!!

      剣心が普段はすごく優しいんだけど、いざ仲間たちがピンチになると、鬼気迫る感じで敵を薙ぎ倒していく様がすんごくかっこよくて、自分男ですがキュンキュンしてしまいました(๑́•∀•๑̀)ฅテヘ-

      世の女性陣が虜になるのも頷けますd(´>؂∂`)☆

      2巻以降もぐいぐい読んでいきたいな!と思います( •̀ω•́ゞ)✧ビシッ!!

      今年もあと少しで終わりますね。
      今年は昨年までに比べてあまり本(小説、漫画共に)読めなかったので、来年はもうちょい読めればいいなぁと思っています。

      あと、今年は本厄か!?と思うくらい色々な事があったので、来年は楽しい良い年になればいいなぁーとも思っています☺️

      まだレビューあげるかもしれないので、もしかしたら重複してしまうかもしれませんが、一応、今年もお世話になりました。来年も宜しくお願い致します(⁎ᴗ͈ˬᴗ͈⁎)

      今回も良い読書が出来ました!
      >> 続きを読む

      2021/12/30 by

      るろうに剣心」のレビュー

    • 2022年度もよろしくお願いします(ノ_ _)ノ

      るろうに剣心は当時TVも原作も読んでたけど
      同人誌の方が面白かったなぁ~と…
      そんな思い出があります(笑)
      >> 続きを読む

      2022/01/07 by あんコ

    • あんコさん

      こちらこそ今年も宜しくお願い致します(⁎ᴗ͈ˬᴗ͈⁎)

      そうなんですね〜!
      自分は放送当時小学生だったのですが、家にある全てのテレビを父と叔父2人が占領していて、殆どアニメは観れなかったんですよね(^_^;)
      あの頃は毎日プロ野球中継が放送されていて、ウチの男どもはみんな大の巨人ファンでそれこそ夢中になって観ていて、アニメ見せて?と聞くと本当に不思議そうな顔で、なんでだ?ダメだ!と言われていて、そのうち聞くことすらしなくなっていたんですよね(笑)

      大人になってからもなかなか観たり読んだりする機会がなくて今まで来てしまったのですが、今回思い切って原作読んでみよう!と思い立ち全巻セットを買った次第なんです✌️✌️

      ちなみにこの作品だけではなく、ドラゴンボールもスラムダンクも殆ど観たことないんですよね(´▽`;) '`'`

      同人誌…やはりこれだけ人気だと有ってもおかしくないですし、逆に同人誌の方が面白かったり印象に残ったり、というのはあるあるですよね〜(〜 ̄▽ ̄)〜
      >> 続きを読む

      2022/01/08 by 澄美空

みんなのコメント - 最近登録されたコメント | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

初めてのお料理 基本とコツ