こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


月うさぎさんのコメント

並び替え:
月うさぎ
月うさぎさんの自己紹介
読書ログって素敵ですね。新しい本との出会いも嬉しいし、コメントを通してのメンバーの皆さんとの会話も楽しい。
唯一つ困るのは…積読本が増えること。
以前読んだ本の再読もしたくなって…。
どうぞ仲良くしてください。
月うさぎ さんのプロフィールは こちら
レビューが多い会員ランキング いいね!されているレビュアーランキング いいね!されているコメンテーターランキング

110件 (全8196件)
星を継ぐもの
本棚にしまい込んであったものを再読。 奥付を見ると1997年とあるから少なくともそれ以降に読んだのだろうが、いつ読んだのかさっぱり覚えていなければ、内容もすっかり忘れてしまっていた。1997年時点で... by 三毛犬 さん

三毛犬さんは理系?(笑) >突然変異/自然選択の進化論が当然のように用いられていて異論を挟む人物は登場しない これは「時代」でしょうね。現代進化論は新しい解釈に変わっていますね。 それらも含め、SFというのは社会や時代を色濃く反映していて、一般の文芸作品よりもより社会学的に資料的意味合いが含まれていると私は考えています。 昔、それを卒論にしようかと思ったくらいです。(テーマが大きすぎて当然やめましたが) >思わず「投げないでー!」と叫びたくなった ああっ!!と思いますよね。でもこれが続編への布石…なんでしょ?確か? >次は続編の「ガニメデの優しい巨人」を読もう。 読んでください。私ったら読もうと思ったのに果たしていません。 三毛犬さんのレビュー楽しみにしておりますので(^^)/

2017/12/27
もっと見る

一億円もらったら
身寄りのない大富豪、宮島勉が思いついたゲーム。それが「一億円もらったら」だ。 莫大な財産を持て余し「誰かを選んで、一億円を贈る」というびっくりなお遊び。 「老兵に手を出すな(不幸買います)」を... by 月うさぎ さん

chaoさん ちょっと読書をさぼっています。実はほかの遊びで忙しくて。ごめんなさ~い。 赤川次郎を読んだことがないという方が(当たり前ですが)いるんですね~。 私の時代は彼の小説ってめちゃくちゃ流行っていましたよ。ラノベ的存在ですね。 過去の記憶を甦らせてお話しすると、ベストは『三毛猫ホームズの推理』です。 三毛猫シリーズって何十冊もあって、まだ連載中!!!なんだって! それぞれ事件は完結しますから、何を読んでもいいのですが、(どうせ中身はほとんど忘れちゃうから) ですが、やはり最初の第一シリーズだけは読んでおきたい。 これだけは、忘れない。何よりもホームズの飼い主がとても印象的なんです。 当時配役は柳生博さんのイメージでした。今なら草刈正雄さんもいいな~。 たしかドラマで実際に演じていたことがあったかも。(今の方が似合います) 同じタイトルで何度もドラマ化されていますが、たぶん原作とはテイストが違っていると思います。かなりテレビアレンジが激しいはずなので。 本当はアイドルとか外して「猫」のための映画でも撮ればいいのですけれどね。 赤川次郎は漫画だと割り切るなら吸血鬼シリーズとかも笑えます。 あまり大きな期待はしないで読んでみてください。あっという間に読めます。

2017/12/27
もっと見る

花屋「ゆめゆめ」で花香る思い出を (マイナビ出版ファン文庫)
今回も楽しく、ほっこり癒して貰いました! 先ずというかこの作品を語る上で欠かせないのは主人公の蕾の健気で一生懸命で可愛いところ!これがあるかないかで全然この作品の善し悪しが変わってくると個人的に... by 澄美空 さん

〉ゆっくりゆったりまったりと楽しめる、まるで自分の為に書かれたような作品 いいなあ。その思い込み(*^▽^*) そんな楽しい読書タイム、うらやましいです♡

2017/12/21
もっと見る

わたしを離さないで
面白い!上手い! …なんて陳腐な言葉しか言えないのは、この小説が小説そのものだから。 ジャンルはSFになるのですが、叙述型ミステリーのように、曖昧な語りからだんだん明らかになる真実の重さが読者を圧... by 月うさぎ さん

chaoさん ホントです〜!!Σ(・□・)!! 翻訳者にレビューを読んでいただけるとは、感激です。すごいぞ、読書ログ!! 土屋氏の翻訳は多くの方が絶賛している名訳だそうです。私も感心しました。 その奥に小説の理解と解釈があるのですね。 私も本作はクローン技術というものの是非ではなく、運命に抗えない人間というものを描いた小説であると受け取りました。 少なくとも土屋さんの解釈は、しっかり受け止めましたよ〜╰(*´︶`*)╯ そしてイシグロ氏の作品テーマに共通するものは「記憶」ではないかと。 まだ言い切るには時期尚早とは思いますが。

2017/12/14
もっと見る

わたしを離さないで
よかった。すごくよかった。 この本の背景にあるテーマは重く非常に考えさせられましたが、それだけでなくとっても面白かった。この本はいつかまた絶対に読み返したい。 以下、ネタバレします。 ... by chao さん

私は人造人間というと「キカイダー」、サイボーグなら「009」と反応してしまいます。古い人間なもので。石森さ〜ん♡ 17号と18号も懐かしいですね。映画ならやっぱり「ブレードランナー」です。 クローンがテーマの映画としては「アイランド」がインパクト大でした。 漫画なら「A-A’」(萩尾望都) この作品はクローン問題の本質に迫っています。本物のSF,。さすがです。

2017/12/11
もっと見る

魔法使いの嫁 通常版(3) (ブレイドコミックス)
丁度この巻が今アニメで放送されている所だね。 アニメは本当に丁寧に且つ美麗に作られているなぁと。流石WIT STUDIO。こういう作品作らせたら右に出るものはいない感じだね(とは、ちょっと言い過... by 澄美空 さん

私もブーム知らなくてもいいやって、しばらく前から思っています。 お笑い芸人なんか知らないうちに消えていても、それは覚えなくてよかった人ってことでしょうから。 「うちの嫁が」でしょ?ね?ボクの嫁じゃないんですよ。つまりはね家のものなんです「嫁」は。字の通りですけども。 私が思うに、この言い方って「鬼嫁日記」が大人気ブログになったせいなんじゃないかな。 女房、妻、細君、奥さん、ワイフ、かみさん…いろいろあるけど、もっといい夫婦の呼び名ってないですかねえ。いいのがないから子供ができるとお互い「パパ」とか「ママ」になっちゃう。 澄さんなら奥様のことをなんて呼びたいですか? カズオ・イシグロの「忘れられた巨人」では妻に対して「お姫さま」って呼びかけているんですよ♡

2017/12/06
もっと見る

真面目に生きると損をする (角川新書)
真面目に生きた方がいいと思います(損か”徳”か?)。多数派の言いなりになることも、無理することも頑張りすぎることもないね。 タイトルとはちがって?けっこう真面目な本でした。 「そうだ、そうだ~... by バカボン さん

>「働き者のほうが、ナマケモノよりも偉いという超越的な根拠はない」 マウスの実験で体を拘束され身動きでなくされて栄養だけ与えられている検体と 運動を余儀なくされて活動しつづけるようにされている検体 どちらが長生きする? 前者であるという科学的な実験データはあります。と聞きました。

2017/12/05
もっと見る

わたしを離さないで
よかった。すごくよかった。 この本の背景にあるテーマは重く非常に考えさせられましたが、それだけでなくとっても面白かった。この本はいつかまた絶対に読み返したい。 以下、ネタバレします。 ... by chao さん

この作品の後に『鋼の錬金術師』(漫画)を読んだんですよ。 そこにも、人造人間(ホムンクルス)が出てくるんですけれども、 痛みも感じるし感情もあるのよ、私たちも同じ人間 というセリフをいうんです。 「化け物」といわれた後に。 でも本作とは違って、本当に「人間と違っている化け物」で何度も生き返るの。 人間より強くて非情に人間を見下しています。 彼らは人間の方を自分たちのために素材として利用しようとします。 そんな彼らは7つの大罪を意味しているシンボルでもあってね。 本作は深みのあるすばらしい小説でしたが、「鋼の錬金術師」も設定や作者の主張がとってもおもしろい単なるエンタメではない作品でした。 …ってここで語るな、レビュー書けって話ですよね。ごめん(≧≦)

2017/12/05
もっと見る

魔法使いの嫁 通常版(3) (ブレイドコミックス)
丁度この巻が今アニメで放送されている所だね。 アニメは本当に丁寧に且つ美麗に作られているなぁと。流石WIT STUDIO。こういう作品作らせたら右に出るものはいない感じだね(とは、ちょっと言い過... by 澄美空 さん

素頓狂さん お前を嫁に、もらう前に、言っておきたい、事がある♪なんて歌もありましたね。 さださんも当時、女性に猛バシッシングをくらう覚悟でこの歌作ったそうです なのに、意外にノープロブレムで驚いたってさ。 まあ、この言葉やフレーズに「愛」があるかないかですよね。きっと。 澄美空さん ごめんなさいね。真面目じゃなくて、ちょっと遊んでみたかったの。 「嫁」って夫がいう言葉じゃなくて、その親が息子の妻を呼ぶ言い方です。 だから当の夫から「嫁」っていわれたら、それって冷たいでしょ、あんたの妻だろうが!!って怒ってもいいと思うのね。 日本には家制度をベースにした戸籍制度があって(英米にはありません)、実家を離れ戸籍を変えてその家に嫁ぐという女性のアイデンティティにおける変革を迫られるのが結婚で、その後、実家とは縁が切れ帰る家と身分がなくなるのが「嫁」の立場だったのです。 今は離婚は世間的にはOKだけど、離縁して死ねば、入る墓がないのはまだ同じ。 だから女性からすると人身売買的なイメージがどうしてもある言葉なんです。 そこに「愛」を付け加えた最近のブームがおもしろいなって思います。

2017/12/05
もっと見る

魔法使いの嫁 通常版(3) (ブレイドコミックス)
丁度この巻が今アニメで放送されている所だね。 アニメは本当に丁寧に且つ美麗に作られているなぁと。流石WIT STUDIO。こういう作品作らせたら右に出るものはいない感じだね(とは、ちょっと言い過... by 澄美空 さん

最近ネットや漫画で「嫁」という言葉をとても頻繁に見かけます。ブームなの? ちょっと前まで嫁って言葉は死語になる勢いだったのにね。なんでかしら? 若い子たちが保守的って言われるけれどこういう部分でもそうなの? 私たちの世代では夫が妻のことを「うちの嫁が」なんて呼ばわったらおそらく首絞められてたと思うのだけれど。

2017/12/02
もっと見る


110件 (全8196件)

月うさぎさんのコメント - コメント,書評の有る本,書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚