こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


月岩水さんのコメント

並び替え:
月岩水
月岩水さんの自己紹介
趣味と独学で数学をしてます。
公理から推論を拡げて、数学でいう定理のような、正しさが証明されている(絵画やクラシック音楽などの美術品のように価値の高さを誰もが知っているような)数式を自分なりの視座から愉しみながら鑑賞できるようになるのが憧れです。
フィールズ賞をとってしまうような数学者をマッター...
月岩水 さんのプロフィールは こちら

110件 (全170件)
「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義
タイトルずばり「死」 本屋の店頭で見つければショッキングな印象も、手に取り「読みたい!」衝動にかられ、でも怖いな~と。 で、 購入。笑 あくまで「死」をテーマにした哲学書で、きつい... by ジュディス さん

私も本屋で見つけて面白いと思って買わずでした٩( ᐖ )۶ 図書館で最後まで一読してから購入検討になると思います。

2019/01/16
もっと見る

ねじまき鳥クロニクル
思うに、ざっくりいってテーマは3つ 「夫婦」が第一主題  愛すること、受け止めること、あきらめないこと。 「暴力」が第2主題  戦争そして「損なう」ことの罪 「命名」が第3主題  人と人、人と世... by 月うさぎ さん

月うさぎさん、何度となく私の意味の分からないコメントにお応え頂いて申し訳ありません。迷惑になると思いますので今度からは控えるように致します。 カフカさんと村上春樹さんは抽象の高さが共通しているんですね。「心に訴えかけられ、なんらかのテーマやメッセージが感じられる忘れられない手触りが余韻となり残る」抽象の高い物語。私は高い抽象や本質と言われるものに憧れていますが、私の能力が足らず気配も感じられない状況です。

2019/01/16
もっと見る

白痴 1 (光文社古典新訳文庫)
皆さんのレビューを拝見しまして、 「どっどど どどうど どどうど どどう すっぱいかりんも吹きとばせ」 の風の又三郎を思い出しました。 あすかさんが「白痴」の意味合いを「誰からも好か... by 月岩水 さん

母から聞いた話なので詳しいことを聞いていないのですが、そうだったみたいでビックリです(´⊙⊙`)

2019/01/15
もっと見る

タタール人の砂漠
 幻想・不条理。イタリアのカフカ。 「自分の人生は特別だ。いつかドラマティックな出来事が起こる。きっと自分は何かを手に入れ、何者かになることができる」  そんな思いをバッサリと斬り払う一冊です... by あさ・くら さん

未来への期待が、希み、希まれることで、今の時点での期待が望みと望まれること?なんでしょうか。 他人との関わりあいの中で自分から本能的に希みや望みをつくり出しているものなんでしょうか。 自分に合わないことを妄想する、未来に対する希みは持てなくなりそうですが、自分の個体差の能力と生きてていいという望みは持ち続けないと・・・。 それすら持てなくなるとしたら嫌ですねʅ(´⊙⊙`)ʃ でも読みたいです(*ˊ˘ˋ*)。♪ 恥ずかしいアホなコメントばかりしてしまって申し訳ないですm(_ _)m

2019/01/15
もっと見る

感情の問題地図 ~「で、どう整える?」ストレスだらけ、モヤモヤばかりの仕事の心理
感情自体が悪いものではなく、むしろメッセージのあるものだということを学んだ。 イライラだったり、落ち込みだったりがひどいと、いっそ感情なんてなければ…と思うことがあるが、これらも意味あってのこと... by ashita さん

私は、情動は空の雲のようなもので流れていくのを待っていればいいという瞑想の教えを本で読んだ時に、それで済まないことが多いんだけどなぁと思っていましたが、感情のシュチュエーション別に対処法を知られるのは凄く良いですね。読みたいです(*^。^*)

2019/01/14
もっと見る

ねじまき鳥クロニクル
思うに、ざっくりいってテーマは3つ 「夫婦」が第一主題  愛すること、受け止めること、あきらめないこと。 「暴力」が第2主題  戦争そして「損なう」ことの罪 「命名」が第3主題  人と人、人と世... by 月うさぎ さん

カフカさんと村上春樹さんの共通性?共有性?はなんなのか・・・何を共に有して通じている(どのような同じ構成要素を見ることが出来、どのように点をつなげて同じ分類の図形や立体を見ることができる)のか、気になります(*´•ω•`*)…。 恥ずかしいバカなコメントばかりしてしまって申し訳ないですm(_ _)m

2019/01/14
もっと見る

にんげんだもの 逢
読むたびに気づきがある。 それは、その時の自分の状態に反応するから。 美しいものを美しいと感じられること・・・素晴らしいこと。 見えない部分が大切・・・そこに、思いをはせること。 ... by けんとまん さん

生きていることで示される望み(希望)を信じられれば何かを美しいと感じられそうですね。 宗教がそういうことをする練習になるのかなと思いますが、私は望みを持つのは不向きなほうです。 恥ずかしい無知なコメントばかりしてしまって申し訳ないですm(_ _)m

2019/01/14
もっと見る

いまモリッシーを聴くということ (ele-king books)
Amazon内容紹介 ↓ 英紙から“国宝級"とまで呼ばれるロックスター、 その素晴らしい矛盾をいま聴くこと── 人気コラムニストがディスクガイド形式で描く、かつてないザ・スミス/モリッシ... by 月岩水 さん

見方を変えてみるのも見識を広めるには大事ですが、確かに自分の好みで選ぶのが1番納得出来ますね。

2019/01/14
もっと見る

残穢 (新潮文庫)
なにも知らずに表紙の映画化の文字と竹内結子と橋本愛の写真で本屋で気になり買ったら実話表紙の下にもう一つ表紙があり、それがオカッパ頭の子供が日本人形を抱いている絵で、私が苦手な絵です。表紙がこれならば買... by rock-man さん

以下、ネタバレ気味のレビューを書いてます。 ↓ 一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一 一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一 呪いの原因と、作用の範囲がハッキリしたら恐怖を切り捨てられるということでしょうか。 改めてホラーは想像力が大事だと認識して、この本の「残穢」というキーワードをきっかけにして、その恐怖の型というかデバイス(媒介)のようなものに読者が想像力を流すと恐怖が生まれるんだなと思いました。 だから引っ越したら恐怖の連鎖が治まる、意識すれば読者の恐怖がエンドレスで続かないような、恐怖をたたっ斬れる、恐怖の区切りをつけられる小説の終わり方にしたんだ。と納得出来ました。

2019/01/14
もっと見る

残穢 (新潮文庫)
すごく簡単にまとめますと、あるマンション周辺で起こる怪異の原因を調べていく物語です。 そして、内容をことごとく省きましたが、私の印象は「あまり怖くない」というものでした。 一通りの怪異は繋... by 四季読 さん

ホラーはミステリーの目で読んではいけないということでしょうか。 サーファーが波の壊さを意識しすぎると波に乗れなくなるんじゃないかと想像出来るように、ホラーを読む時は話の流れに意識を向け過ぎずに、無意識に恐怖の流れに乗ることが必要になってくるということなんでしょうか。

2019/01/14
もっと見る


110件 (全170件)

月岩水さんのコメント - コメント,書評の有る本,書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本