こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


ef177さんのコメント

並び替え:
ef177
ef177さんの自己紹介
幻想文学、ミステリ、SF、美術なども含めて怪しいものが大好きです。
ご紹介ベースのレビューが基本ですが読んで頂けたらうれしいです。
ef177 さんのプロフィールは こちら

110件 (全74件)
シャーロック・ホームズの冒険
もともとミステリーには明るくないけど、シャーロック・ホームズぐらいは読まなければ!という謎の使命感(?)によって読んでみた。 まぁ、表紙が爽やかでつい手に取ったらたまたま本書だっただけなのだけど... by 豚の確認 さん

ところがですね、ホームズも失敗しちゃうという作品もあるんですよ。 是非、ホームズを読み続けてください。

2019/09/13
もっと見る

百年の誤読
【ベストセラー本は読む価値があるのか?】  「ベストセラーの正体って、もしかして……ヘナチョコ?」という恐ろしい疑惑に気付いてしまった著者のお二人が1900年~2004年の約100年間のベストセラー... by ef177 さん

私、壊滅的にベストセラー作品とか、直木賞、芥川賞等々の受賞作品って読んでないんですよね~。 特に現代日本作家は……。

2019/09/12
もっと見る

遁走状態 (新潮クレスト・ブックス)
【独特の雰囲気を持った不条理短編集】  何とも独特の雰囲気を持った作品を書く作家さんです。  重苦しく、ずっしりとした手応え、じんわりとした怖さ、しかも全く不条理。  短編集だというのに、一つを... by ef177 さん

この表紙、なかなかに不気味でインパクトありますよね。

2019/09/04
もっと見る

エコー・メイカー
【私は何者でもない】  ネブラスカ州のプラット川には、毎年何十万羽という鶴が飛来する場所でした。  丁度、今年の鶴がやって来たその日の夜、マークは運転していたトラックを路外に転覆させてしまい瀕死の... by ef177 さん

ご紹介ありがとうございました。

2019/08/29
もっと見る

放送禁止歌
【一体どこがいけないと言うのだろう?】  本書は、著者がフジテレビで『放送禁止歌』についてのドキュメンタリー番組を制作した際の様々な事柄を綴った一冊です。  『放送禁止歌』というものがあることは事... by ef177 さん

『Yellow cab』はやっぱりそうですかね。 ちなみに、その後知ったのですが、『恋はみずいろ』には歌詞があるヴァージョンもあるようです。仏語なので歌詞の内容まで確認していませんが、あるいはその歌詞のどこかがひっかかり、インストゥルメンタル曲なら良しとされたのかもしれません。 いずれにしても、放送禁止歌というのは放送業界の弱腰、批判回避という姿勢の表れなのかもしれません。 日頃、表現の自由と声高に主張している割には……と思ってしまうのですよね。

2019/08/28
もっと見る

都市と都市
【意表を突く舞台設定!】  本書の舞台は2つの都市国家です。  ほとんど同じ場所に存在する「ベジェル」と「ウル・コーマ」という都市国家なのですが、両者は厳密に区分されています。  一方の都市から... by ef177 さん

この作品の設定にはとにかくたまげました。

2019/08/16
もっと見る

本で床は抜けるのか
【抜本的解決は困難なのだろうなぁ】  大量の本を部屋にため込んだために床が抜けた……そんなニュースを見たことがありました。  私の場合、さすがにそこまでの本をため込んではいないものの、住んでいる家... by ef177 さん

本、持っていたいのだけれど、持っているとそれはそれで大変。

2019/08/12
もっと見る

本で床は抜けるのか
【抜本的解決は困難なのだろうなぁ】  大量の本を部屋にため込んだために床が抜けた……そんなニュースを見たことがありました。  私の場合、さすがにそこまでの本をため込んではいないものの、住んでいる家... by ef177 さん

みなさん、蔵書管理には頭が痛いですよね。 人それぞれ。

2019/08/12
もっと見る

舌の上のプルースト (AROUND THE WORLD LIBRARY―気球の本)
【紅茶に浸したプチット・マドレーヌのような一冊】  プルーストの『失われた時を求めて』を読んだのは、もう何年前になるでしょうか。  年末、年始のお休みも使って、一気にあの長い小説を読み上げたことを... by ef177 さん

歯を食いしばって読了しました(笑)。

2019/08/09
もっと見る

二十四の瞳
 8月の課題図書になったので昔のレビューを引っ張り出してきました。  私、現在仕事の都合で高松市に居住しております。  高松縁の文豪と言って真っ先に思い浮かぶのは菊池寛でして、市街中央部を通る... by ef177 さん

ご存知ですか、オリーブの葉っぱの中にはハート型をしたものがあるんですよ。 なかなか見つからないのですが、見つかるとラッキーなのだとか。 私も小豆島のオリーブ園で探してみましたけれど、ぜ~んぜん見つかりませんでした。 でも、観光バスに乗った際、乗車記念ということで、この💛型の葉っぱを入れた栞をもらいましたよ。

2019/08/03
もっと見る


110件 (全74件)

ef177さんのコメント - コメント,書評の有る本,書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

外つ神