こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


maruさんのコメント

並び替え:
maru
maruさんの自己紹介
Kindleで読むことが多いです。

2016/4/11から、読書メーターにも登録しました。
http://i.bookmeter.com/u/669780
maru さんのプロフィールは こちら

110件 (全23件)
たのしいムーミン一家 復刻版
昭和40年に日本で初めて出版された「たのしいムーミン一家」の復刻版。 装丁が美しい。表紙の絵も、それと背表紙と裏表紙、栞紐までの色の兼ね合いも。持った感じも良いなぁ。形ある「本」として、ずっと持って... by maru さん

調べてみると、シングミイとボブは英語名のようです。その後スウェーデン語名のトフスランとビフスランに変更されたよう。 シングミイとリトルミィ、語感が似ているからマズいと考えたのかな。ボブが女の子ってのも、どう考えても変な感じがするし。 細かく訳文が変更されているといっても、マイナーチェンジに過ぎないとは思います。昭和40年代の感覚のままの文章、という感じがしますね。 もう少し現代的な、生き生きとした文章でムーミンの物語を楽しんでみたいです。 新訳が出版されたら、きっとまた私は買っちゃいますね(^_^;)マニアじゃないのに…

2016/04/19
もっと見る

夜猫ホテル
深夜に読むのにぴったりの、大人の絵本です。 絵も文も、本当に素晴らしい。 これを読んで、落田洋子さんの個展にも出かけていきました。見ていると吸い込まれていきそうになる、吸引力のある画です。 by maru さん

FUKUchanさんのアイコンと同じ白黒猫ちゃんですよね♪ 表紙の猫、憂いを帯びた瞳が素敵ですよね〜 ううむしかし既に絶版のようですね…書店だと手に入りにくいかな? 古本なら、Amazonで700円台からあるようです。 本って気づくとすぐ絶版になってしまいますね…

2016/04/18
もっと見る

夜猫ホテル
深夜に読むのにぴったりの、大人の絵本です。 絵も文も、本当に素晴らしい。 これを読んで、落田洋子さんの個展にも出かけていきました。見ていると吸い込まれていきそうになる、吸引力のある画です。 by maru さん

月うさぎさんの「ティファニーで朝食を」レビュー読みました。面白そう!これまた非常〜に読みたくなりました! 旧訳の方を持っているのですが、実はまだ読んでいなかったのです。 しかし映画と原作とでそこまでホリーの印象に違いがあるのだとしたら、旧版の表紙はかなり問題ありですね(^_^;)よくある事ではあるのでしょうが… この数日で、積ん読がさらに増えてきてしまいました。ひぇ〜

2016/04/16
もっと見る

名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方
コピーライターってのは、斬新なキャッチフレーズを作る一言芸人。だと思っていました。当時はね。 広告文化が注目され、それまで聞いたことが無かったコピーライターという職業が突然時代の最先端に飛び出して、... by 月うさぎ さん

児島令子さんのコピー良いですね〜一度でもきちんと動物を飼った経験がある人なら、ウルッときてしまうのではないでしょうか。 確かに「アンネの日記」は読んでいると、少女の秘密の打ち明け話をこっそり聞かせてもらっている気持ちになります。多少後ろめたい気分になりつつも、自分はこの少女の仲間だ、人事ではないぞ、と否応なしに思わせられる。「友達に語りかける」形式が、この作品に大きな力を与えたのですね。

2016/04/15
もっと見る

夜猫ホテル
深夜に読むのにぴったりの、大人の絵本です。 絵も文も、本当に素晴らしい。 これを読んで、落田洋子さんの個展にも出かけていきました。見ていると吸い込まれていきそうになる、吸引力のある画です。 by maru さん

「ティファニーで朝食を」落田さんなんですね!いい表紙ですね〜 しかも村上春樹新訳で出てたのですね。知らなかった…これは買わなければ… 「世界の終りと〜」私が持ってるのは旧版の文庫本のみです。単行本うらやましいです! 新装版の方は、表紙の絵が小さいので買い直すまではいかないかな〜と思ってたのですが、今もうちょっと調べてみたら単行本の新版も出ていたそうではありませんか…!しかも落田さんの挿絵付き!うわー買いなおすしかないですねこれは! 検索すると、村上春樹氏は落田洋子さんの作品のコレクターという情報がちらほら出てきます。私もお金があったらコレクターになりたい〜

2016/04/15
もっと見る

結婚式のメンバー
 村上春樹の「フィツジェラルド体験」(中公文庫の「マイ・ロスト・シティー」に収録されています)という文章でこの作家の名前を知って以来、ずっと読みたいものだと思っていました。村上春樹は、「最初の一ページ... by 弁護士K さん

文庫本で2000円は二の足踏みますね〜(^_^;) このまま消えてしまうには惜しい作品です。とりあえずマッカラーズ作品は復刊ドットコムで投票してきました…

2016/04/14
もっと見る

夜猫ホテル
深夜に読むのにぴったりの、大人の絵本です。 絵も文も、本当に素晴らしい。 これを読んで、落田洋子さんの個展にも出かけていきました。見ていると吸い込まれていきそうになる、吸引力のある画です。 by maru さん

表紙の絵が好みでしたら、かなりお勧めです! 落田洋子さんの作品は、「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」新装版の表紙絵にもなっているようです。 絵本の内容も、ちょっと村上春樹世界っぽい感じがしますよ。

2016/04/14
もっと見る

ちいさな王子
子供の頃に読んだ「星の王子さま」にもう一度会えた。そう思った。 知りつくし何度も読んだ本作なのに、この翻訳を読んでラストに涙が湧いてきたから。 「ちいさな王子」が「星の王子さま」のことだと、気づい... by 月うさぎ さん

うわー、これは読みたいです! 読みます!!

2016/04/13
もっと見る

結婚式のメンバー
 村上春樹の「フィツジェラルド体験」(中公文庫の「マイ・ロスト・シティー」に収録されています)という文章でこの作家の名前を知って以来、ずっと読みたいものだと思っていました。村上春樹は、「最初の一ページ... by 弁護士K さん

「針のない時計」はマッカラーズが病床で書いた最晩年の作品のようです。 死や利己心といったテーマを誤魔化さず正面から受け止めた、かなり暗くて重たい内容ですが、ラストでは確かなカタルシスがありましたね。良い作品でした。 うーん思い出すと読み返したくなってきてしまいました。しかし本当に、マッカラーズは今回の「結婚式のメンバー」以外は絶版状態なんですね…どうしたものでしょう

2016/04/13
もっと見る

結婚式のメンバー
 村上春樹の「フィツジェラルド体験」(中公文庫の「マイ・ロスト・シティー」に収録されています)という文章でこの作家の名前を知って以来、ずっと読みたいものだと思っていました。村上春樹は、「最初の一ページ... by 弁護士K さん

マッカラーズは昔実家に転がっていた「針のない時計」を読んだっきりです。始まりは地味ですが、確かに、じわじわと世界に引き込まれていく感じがありました。ラスト近くの飛行機のシーンは、映像として未だに私の記憶に残っています。 「結婚式のメンバー」読んでみたくなりました!

2016/04/13
もっと見る


110件 (全23件)

maruさんのコメント - コメント,書評の有る本,書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本