こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


おにけんさんのコメント

並び替え:
おにけん
おにけんさんの自己紹介
初めまして。onikenと言います。

映画ログからこのサイトを知り、登録しました。
よろしくお願いします。

最近は図書館で借りる本をメインに読んでいます。
色々なジャンルの本を読むことができますが、返却期限に追われてゆっくりと読むことができないのが悩みです。

【2018年の目標...
おにけん さんのプロフィールは こちら

110件 (全117件)
短編学校 (集英社文庫(日本))
2018/5 17冊目(通算87冊目)。「学校」(?)をテーマにした短編集。良かったのは、サスペンス風に話が進む米澤穂信氏の「913」、MOMENTの森野が出てくる番外編の「エースナンバー」、スポ根み... by おにけん さん

たい♣様>コメントありがとうございます。 集英社文庫から発売されているもので、色々な作家の方が書かれた短編集です(中にはすでに別の本で収録してある短編もあります。)。 このシリーズは5冊出ていまして、「学校」の他にも「短編少年」「短編少女」「短編工場」「短編復活」というタイトルで発売されています。興味がありましたら、そちらも手に取って見て下さい。

2018/05/26
もっと見る

のぼうの城
2018/5 15冊目(通算86冊目)。映画版は鑑賞済み。そのため、どのような話だったかを思い出しながら読み進めた。上巻は石田三成との戦いが始まるまでが話の筋。のぼう様のイメージは映画版の野村萬斎さん... by おにけん さん

チルカル様>コメントありがとうございます。 下巻もじっくりと読んでいきたいと思います。

2018/05/26
もっと見る

この恋と、その未来。 -一年目 冬- (ファミ通文庫)
(ネタバレ記述あり、要注意!) ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 2018/5 4冊目(通算75冊目)。だいぶ人物関係がドロドロとしたものになってきた気がする。この作者は元々こういう物を書きたかっ... by おにけん さん

澄美空様>コメントありがとうございます。 ネタバレ的なことを書いて申し訳ありません。

2018/05/06
もっと見る

機械仕掛けの選択 サクラダリセット3 (角川文庫)
2018/4 10冊目(通算62冊目)。相麻菫と出会った2年前と現在の話を行ったり来たりしながら、相馬菫の復活を待つという話の流れ。ここまで読んで、1,2巻の流れが相馬菫の復活につながる話の作りには感... by おにけん さん

澄美空様>コメントありがとうございます。 4周は凄いですね。それ程はまったということでしょうか。 楽しみに見たいと思います。

2018/04/18
もっと見る

千里眼の死角
2018/3 11冊目(通算42冊目)。シリーズ第7弾。アメリカの戦略衛星兵器が乗っ取られ、あわや世界がメフィストグループに侵略されるかどうかという話の筋。シリーズを通じて、国内テロや日中開戦、果ては... by おにけん さん

ZGX様>コメントありがとうございます。 自分はやっとクラシックシリーズの完全版を全巻揃えたところです。セカンドシリーズはまだ手付かずですが集め終わって全部読み終わるのはいつになるやら(笑)。まあ、気長に読んでいきたいと思います。

2018/03/27
もっと見る

千里眼の死角
2018/3 11冊目(通算42冊目)。シリーズ第7弾。アメリカの戦略衛星兵器が乗っ取られ、あわや世界がメフィストグループに侵略されるかどうかという話の筋。シリーズを通じて、国内テロや日中開戦、果ては... by おにけん さん

澄美空様>コメントありがとうございます。 主人公の岬美由紀のイメージは、自分の中では、「探偵の探偵」という小説のヒロイン玲奈と万能鑑定士の莉子、水鏡推理の瑞希を合わせて3で割ったような感じです。 千里眼完全版クラシックシリーズは中々本屋さんに文庫が置いておらず、早く集めて続きを読みたいのですが。ブックオフにも中々入らないので集めるのが辛いです。 >因みに松岡圭祐氏は筆が早いですね〜。 「万能鑑定士」シリーズを集めるようになってから、この人の著作は大体読んでいるつもりですが、刊行ペースが早すぎて、最近は新作を追いかけるのをあきらめています。シリーズで絞って読んだ方がいいかもしれませんね。

2018/03/20
もっと見る

ミッキーマウスの憂鬱
2018/3 4冊目(通算36冊目)。ディズニーランドを舞台にしたお仕事小説。東京に住んでいながら、ディズニーには1度しか行ったことが無いので、文章を読んでも場所や情景が思い浮かばないのが残念。更に、... by おにけん さん

澄美空様>コメントありがとうございます。 お相手の方が出来ましたら是非行ってみてください。ディズニーってスゲーと感じますよ。

2018/03/05
もっと見る

書店ガール 6 遅れて来た客 (PHP文芸文庫)
2018/1 17冊目(通算17冊目)。作品を読んで2つの感想を持った。まず、最近の作品のメディアミックス化には色々な手間がかかったり、利害が絡んだりして大変だということが分かる。アニメを見たりコミッ... by おにけん さん

澄美空様>コメントありがとうございます。 自分も作品を楽しむ側なので、作り手の方の苦労も知らずに批判してしまうことはあります。でも、今回この作品を読んで、アニメを制作する側の立場、ラノベを出版する編集者や作家の立場、コミカライズの場合はコミックを書く編集者の立場や作家の立場、色々な人が複雑に絡み合って作られているのだなと改めて思いました。 そうして自分たちの手元に届けられる「作品」に対しての感想は、色々ありますけどそういった苦労を踏まえていることも忘れてはいけないなとも同時に思いましたね。 偉そうなことを言っていますが、澄美空様と同じように自分も安易に批判する所はあるので反省しなければいけませんが。

2018/01/29
もっと見る

これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)
経理のお仕事を題材にした作品。手に取ったきっかけは、書店で見かけ題材が面白そうだなと感じたのが理由。実際に読んでみて、女性目線の文章があまり自分と合わなかったのが気になる所。ただし、経理のお仕事がどう... by おにけん さん

澄美空様>コメントありがとうございます。 時間軸が同じ作品というのは「風呂ソムリエ」でしょうかね?。 そちらも少し気になっていたので、もしかするとそちらから先に読んだ方がすんなりと物語に入り込めたのかなと思います。 この作品の続編も含めて今後チェックしていきたいなと思います。

2017/12/30
もっと見る

武士道ジェネレーション
「武士道」の本質を追求する女性2人の物語。桐谷道場の跡継ぎ問題が話のメイン。早苗が桐谷道場の門下生沢谷と結婚し、香織と一緒にいることが多い。実はこの二人のやり取りが読んでいて非常に面白い部分だなと密か... by おにけん さん

澄美空様>コメントありがとうございます。 >早苗に作者の思想を語らせるのは如何なものかと思いました。 キャラクターを通して自分の思想を語らせるやり方は読んでいてちょっと嫌だなと思いました。 その点については、澄美空様と同じように思います。

2017/12/21
もっと見る


110件 (全117件)

おにけんさんのコメント - コメント,書評の有る本,書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本