こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


オーウェンさんのコメント

並び替え:
オーウェン
オーウェンさんの自己紹介
ミステリー作品が大好物ですが、それ以外にも色んなジャンルを読みます。
オーウェン さんのプロフィールは こちら

19件 (全9件)
完全恋愛
第二次大戦の末期。本庄究は画家の娘朋音に恋をする。 しかし村にやってきて横暴を繰り返すアメリカ人が刺殺される事件が。 真相には究が密接に関わっていたが。 究の人生が進んでいく中で3つの殺人事... by オーウェン さん

コメントありがとうございます。 ネタバレになるので詳しく言えないのですが、終盤になると作者もトリックに関係してきますよ。

2019/05/20
もっと見る

イニシエーション・ラブ
初見はミステリだとか何も知らずに見ていたので、単なるラブストーリーの話かと思っていた。 ところが最後の2行を見ると状況が一変する。 そして仕掛けが分かったうえで2度目を見ると、そこかしこに伏線... by オーウェン さん

コメントありがとうございます。 映画化された方はかなり分かり易い中身になっていました。 ラストでなぜああなったかや、たっくんとの伏線などをすべてバラして終了という形ですね。 ただ小説と違って謎を残すことがないので、後の話題になるということもなかったですね。

2019/05/09
もっと見る

ダイイング・アイ
冒頭の事故描写から始まり、バーテンダーの慎介は何者かに殴打されて気絶する。 そして目覚めた慎介は事故の加害者であったのだが、その時の記憶がすっぽり抜けており、自身で無くした記憶を探し求める。 ... by オーウェン さん

コメントありがとうございます。 WOWOWでやってたのは知りませんでした。 マネキンはあくまでも岸中に似せてあるだけで、多分ドラマ化に際しての恐怖演出のためだと思います。 本と違って映像化するなら強調するのはやはり目だと思いますからね。

2019/05/08
もっと見る

ペンギン・ハイウェイ
小学4年生のアオヤマ君は好奇心旺盛。 毎日調べることが山積みで、今日は街中に現れたペンギンが研究対象に。 するとそのペンギンには歯科医のお姉さんが関わっていることを知る。 小4が見る空想と現... by オーウェン さん

コメントありがとうございます! 「ソラリス」はなるほどと思いました。 だから空想や想像が重要だし、それを子供に充てたことが成功の要因なのかもしれませんね。

2019/04/16
もっと見る

M.G.H.
宇宙ステーションの白鳳で起きた殺人事件。 無重力のはずなのに、死体には墜落したような跡が。 これに挑むのは大学助手の鷲見崎と、彼の妻になった舞衣。 SFミステリだが、この謎が興味深く、上記以... by オーウェン さん

澄美空さんコメントありがとうございます。 三雲さんの作品はミステリを中心に読んでいたのですが、SF要素が多い方とは知りませんでしたよ。 「ストライク・ザ・ブラッド」も未読ですので、ぜひ読んでおきたいと思います。

2019/02/21
もっと見る

手紙
兄弟二人だけの兄の剛志と弟の直貴。 家庭の事情に魔が差した剛志が強盗殺人の罪で15年の服役に。 一方直貴には身内が犯罪者という影がついて回る。 加害者の家族という部分に焦点を当てた物語。 ... by オーウェン さん

澄美空さんコメントありがとうございます。 兄弟や姉妹がいるとより感情移入できる箇所が随所にある小説ですよね。 映画も見ましたけど、山田孝之が弟という立場を上手く演じていて、小説とはまた違う感動もありますね。

2019/01/23
もっと見る

吾輩はシャーロック・ホームズである
ワトスン博士のもとを訪ねたのは日本人のナツメ。 自身をシャーロック・ホームズと呼ぶことで、ワトスンは名探偵として扱う。 タイトルからも「吾輩は猫である」を下敷きにして、ホームズと組み合わせたミ... by オーウェン さん

月うさぎさんコメントありがとうございます。 この作品は「吾輩は猫である」の作者がナツメとして、ホームズの人格が乗り移ったという類です。 だから推理も突飛すぎて、ワトソンから笑いの種にされるという内輪話のほうが主になってますね。 「吾輩は猫である」殺人事件は知らなかったのでチェックしておきます。

2019/01/05
もっと見る

まほろ市の殺人夏
売れない新人作家君村に一通のファンレターが届く。 熱烈な女性ファンであり、同じまほろ市に住んでいるため会うことに。 君村は一目で恋をするが、その後彼女とは音信不通になってしまう。 4人の作家... by オーウェン さん

チルカルさんコメントありがとうございます。 そうです!「かまいたちの夜」のシナリオを描いた方です。 この作品も120ページくらいでサラッと読めますよ。

2018/05/26
もっと見る

ビター・ブラッド
佐原夏輝は刑事になって1ヶ月。 殺人事件で特捜部と組むことになるが、そのコンビなのが父親の明村に。 刑事もので親子はあるが、コンビを組むというのは中々ない。 息子が父との間にわだかまりが... by オーウェン さん

澄美空さんコメントありがとうございます。 一気読みできる作品なので、結構スラっと読めるタイプだと思います。 ドラマはオリジナルのキャラもいるので、イメージとはだいぶ違う印象ですかね。

2018/05/08
もっと見る


19件 (全9件)

オーウェンさんのコメント - コメント,書評の有る本,書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本