こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


ただひこさんのコメント

並び替え:
ただひこ
ただひこさんの自己紹介
好奇心旺盛です!
どんなジャンルの本も読みます。
目指せ、課題図書制覇!!
ただひこ さんのプロフィールは こちら
いいね!されているコメンテーターランキング

110件 (全4091件)
ソクラテスの妻 (中公文庫 A 34)
三つ短編が集録されていますが、そのどれにも共通して登場するのが気性の激しい妻達です。 一つ目、「ソクラテスの妻」は太宰治の「饗応夫人」や「桜桃」を引き合わせて読むと面白いかもしれません。「もっと... by MaNaSo さん

>この作品を読んで「こんな人間いてたまるか」と思う人がいたら、「いる」と断言させてもらいます。ここまでひどくはない(と思いたい)けど、私です。 このレビューで本読んでみたくなりました。どんな人間なんだろう…

2016/12/15
もっと見る

湖底の城
楚王の劣悪な処理の裏には、かならず費無極がいた。 太子に謀反の罪を衣せて誅し、あわせて伍奢をかたづけ連尹家を潰す。 奸計により捕らえられた父と兄を救うため、伍子胥は「反逆者」となる決意をする。 ... by あすか さん

>お久しぶりですー!!! 久しぶりすぎて存在忘れられてそうと思っていたので覚えててもらえて嬉しいですw 今後ともよろしくお願いしまーす!

2016/12/15
もっと見る

村上海賊の娘(四)
村上海賊の娘 完結の第四巻。 織田水軍が毛利水軍を撃破し大坂湾の制海権を握るのは「第二次木津川の戦い」。「村上海賊の娘」で描かれるのはその前哨戦にあたる「第一次木津川の戦い」。いわばマイナーな合... by ybook さん

漫画みたいな表紙ですが、小説ですよね。言うまでもないけど。 でも表紙のせいか、これならば歴史小説でもチャレンジできそうな気がする。ybookさん星5だし!

2016/12/14
もっと見る

柳家喜多八膝栗毛
これも、電子本に入っていた本。 あの、柳家喜多八さんの本。 東京の寄席で二、三度、お見受けしたことのある噺家さん。 陰気、いつも私たち上方人が期待している東京の粋さとは違う時点からスター... by ごまめ さん

>ご自分の名前と、好きな噺家さんと、嫌いな噺家さん、のご披露。 これ、読書ログでも好きな本(作家さん)と嫌いな本(作家さん)発表したら盛り上がりそうですね! >いつぞや、ある人が「一番好きな噺家は喜多八で、一番嫌いなのも喜多八」 カッコいい答え方ですね! どこかでパクリたいw

2016/12/14
もっと見る

ドラマデイズ (小学館文庫)
色々と突っ込みどころ満載だけど総体的にはおもしろかった。 最初は主で読んでいる作品の片手間に読んでいたのだけれど途中からおもしろくなって此方を主にして読んでちょっと複雑な感情を残して読了。いや、... by 澄美空 さん

落ち込んでいる時は漫画とか軽ーい物語に限りますよね! >結局ラストは「わたしたちの戦いはこれからだー!」で終わってるからなんとも こういうある意味期待通りのラストも嫌いじゃないですw

2016/12/14
もっと見る

悲しみのイレーヌ (文春文庫)
非常に面白かったです。ですけど! 本作はピエール・ルメートルの「カミーユ・ヴェルーヴェン警部」シリーズとして文春文庫から邦訳が出ているものです。文藝春秋はなぜ『その女アレックス』を先に訳したのか。原... by ワルツ さん

「その女アレックス」がこんなに人気になるとは思っていなくて、出版社も、しまったー!順番間違えたけど、えーい!って出版しちゃった…みたいな感じですかねw

2016/12/14
もっと見る

いまさら翼といわれても
あー!!面白かったー!!! 古典部シリーズの魅力は健在です!! 発売日当日に買ってはみたものの、 図書館本も期限が迫ってるし我慢してた。 けど… やっぱり読みたいー!! っ... by starryeyed さん

starryeyedさん、本読むの早いですね!! 私は激遅なので、見習いたいです。。

2016/12/02
もっと見る

源氏物語
一〇〇〇年前は一夫多妻制。貴族は大金持ちだから、いくら妻がいても愛人を援助しても経済的には困らない。女性の方も妻や愛人になれば、一族みんな安泰。そういうもの、、、なのかも知れないけど、それにしても光源... by バカボン さん

>女性はひたすら旦那さんが来てくれるのを待つ。ただただひたすら待つ。 現代の女性だったら待たずにさっさとどこかへ行っちゃいそうですねw >自業自得や!いちいちメソメソ泣くんじゃないよ!!ええ加減にしなさい!!! いつも穏やかなバカボンさんがw

2016/12/02
もっと見る

湖底の城
楚王の劣悪な処理の裏には、かならず費無極がいた。 太子に謀反の罪を衣せて誅し、あわせて伍奢をかたづけ連尹家を潰す。 奸計により捕らえられた父と兄を救うため、伍子胥は「反逆者」となる決意をする。 ... by あすか さん

>気がつけば第一巻を読了してから1年近く経ってしまいましたが、これにはネガティブな意味はありません。 きりが良すぎて後回しにしても問題なさそうだったからです。 たしかに続きが気になるとそのまま読みますが、きりが良いと満足しちゃうかも。私もシリーズ途中のままもはやどこまで読んだか不明の本もありますw

2016/12/01
もっと見る

でんせつのきょだいあんまんをはこべ
突如として空から堕ちてきた巨大な食べ物。 それはアリたちに長く語り継がれている伝説の食べ物「あんまん」だった。 今、体力・知力を尽くしたアリたちの戦いが始まる。 無駄に劇画調!勢いだけ!... by ybook さん

>アホ男子(父親含む)大ウケ。サイコー。 アホ男子と言われるとコメントせずにはいられませんでしたw >無駄に劇画調!勢いだけ! 勢いだけっていうのがまたいいな~

2016/12/01
もっと見る


110件 (全4091件)

ただひこさんのコメント - コメント,書評の有る本,書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

炉辺荘(イングルサイド)のアン